あの保険会社で契約者情報「76万件」紛失に

   2016/12/19 

三井住友海上あいおい生命で、顧客情報が入ったCD―ROMを紛失したと伝えられている。

契約者情報76万件紛失…三井住友あいおい生命 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

読売新聞によると、その「CD―ROM」というのは2枚で、合計で78万件近くの顧客情報が入っていた模様だ。もう少し具体的には、紛失したのはほとんど個人のもの(個人約70万人分。法人が約6万社分)。

そこには「契約者名、保険の種類、保険料など」の情報が。そして、「契約者の住所、電話番号、生年月日、口座情報、健康状態に関する情報」は「含まれていない」。それと、代理店の情報も約1万2600件ほど入っていたとされている。(代理店名、住所、口座番号の一部の数字、手数料の情報)

記事では一応今のところ、情報が悪用された事実は確認されていないということ。誤ってシュレッダーにかけた可能性が高いと見ているよう。

あと、そのCDは、「毎月変わるパスワード」が設定されていたり、「非売品の専用ソフトを搭載した機器」が必要らしいので、もし、流出しても第三者が見ることは「極めて困難」という話。

さいごに

ここは、大手損害保険会社の三井住友海上のグループ生保ですな。もちろん、褒められた話ではないが、額面通り受取ると、対策はそれなりにやっていて、事実上顧客に迷惑をかけることにはまずならないよう。

それと、入っていた情報としても、名前などということで、住所などは入っていなかったということなので、もし仮に漏洩しても余程珍しい名前でもなければ、普通は誰の情報かは判別できないレベル。

つまり、本人にアクセスできるものではなく、悪用も出来るレベルではないようなので、悪い人に渡っても、市場価値は無いに等しいということになるだろう。

まあ、なので、顧客の感情としては、よろしいものではないだろうが、実害を及ぼすレベルではないようだ。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。