車が盗まれたので保険金を請求したらウソ臭いと拒否られ訴訟に、裁判所の出した結論は???

   2017/10/19 

保険金請求絡みで、少し珍しいニュースが有ったので、紹介します。

高級車窃盗「自作自演の疑い」保険金請求を棄却

事件の概要

どんな内容かというと、これはたぶん自動車保険についてのものなんですね。自動車保険には、自分の車の修理代なんかを補償する「車両保険」という機能がありますよね。

この事件は、それに対して、車が盗まれたってことで、保険会社に保険金を請求したんだけど、内容がウソ臭かったため、保険会社は、補償しなかった。なので、しかたなくかなんか知りませんけど、訴訟を起こすわけです。

が、裁判所としても、

「おまえ自分でやったんじゃね???」

※ 当たり前ですが、こういった意味のことを言ったということで、そのまんま言ったわけではありませんので・・・。

という判断をしたと。つまり、請求棄却となったそうです。判決が確定したとは書いていないので、第2ラウンドに移行するのかどうかは判らないですが、一応今のところこんな感じみたいです。

細かいな詳細

・高級車の盗難被害を理由に保険金請求

・請求金額:450万円

・訴えを起こしたのは青森市の産業廃棄物処理業者

・青森地裁:“自作自演”の可能性を指摘し請求棄却の判決(5/12付)

・2013年10月頃の出来事

さいごに

なんか、その男性は法廷で当時のことを説明したらしいですが、車の写真や車の鍵を置いておいた場所についての主張も不自然だったようです。それと、当初保険会社や警察にした説明とも違っていたらしい・・・。鍵を置いた場所とか・・・。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。