【最近の事例紹介】あまりの相手の態度の悪さに耐え切れず訴訟へ

   2015/11/27 

はい、えーそれは、とある駐車場内での出来事でした。結構大きな駐車場でしたので、同一方向に進む車線が2車線。2台の車は完全に並んでいたわけではありませんが、近い位置で走っていました。

そしたら、左側を走っていた車が、左折をしようとしたわけですが、右側の車に気づいていなかったんでしょうね。その車は、左折する際に、「少し右に切ってから左折」したのです。

どうなったか。そうです、右の車線に少し入ってから、「膨らんだ」感じで、左折しましたから、右の車線を走行していた車に「ぶつかった」のです。右側を走っていた車は、いきなりなので、当然避けきれませんでした。

で、我々の元へ連絡が・・・。

で、駐車場内ですので、公道ではありません。ですので、通常の道路での事故とは必ずしも同じではないので、お互い様的な面はあるのは事実。で、公道でのケースを準用した場合でも、残念ながら、1割り前後は、責任を負うというのが妥当なケース。

ただ、最近のドライバーさんは、結構そういったことを承知をしている人が多いですね。で、その人もそうで、そんなに、相手に対して「俺は悪くねぇーーーー。ふざけんなーーーー。」みたいな感じでもなかったんです。当初はね・・・。

なので、ぶつかったと言っても、そんなに大した感じでもなかったので、さっさと終わらせようと思っていたら、これが相手がもうすごい人で可哀想に、「わたしは、悪くなーーーい!!!」みたいな人だったと・・・。

そんな感じなもんで、顧客は頭にきちゃって、「じゃあ、いいよ・・・」と戦闘モードにスイッチが入ってしまったというお話。そんなに、親しいわけじゃないんで、良くは知らないんですけど、その人の知人から偶然聞いた話では、かなり真面目で、まともな人だって言うんですね。

だから、全然変な人とかではなく、かなり常識的な人なんだとか。まあ、だから尚更火が付いちゃったのかもだけど・・・。なので、最初は、少しは責任を負うのもやむ無しという感じで、サッサと終わりにしようと考えていたようです。

それで、「じゃあ、いいよ・・・」ということで、どうなったかというと、その人の自動車保険には「弁護士特約」がありましたから、変な話気軽に弁護士を雇えるわけです。なので、そうしたと。

というわけで、現在係争中なんですけど、2ヶ月に一度のペースで裁判が進行しているそうなので、まだまだかかりそうですね。

さいごに

損害額としては、たしか10万行くか行かないかぐらいだったんですが、結果的にこうなっちゃったんですよね。普通は、すんなりと終わるようなケースなんですが、なんせ相手あることですから、判らないものですね、どうなるかは。

ただ、良かったのか悪かったのかは、判らないですが、弁護士特約があったから、こういう選択がかなりしやすかったわけなんです。なので、選べる選択肢が、

・「我慢する」

・「ほったらかしにして、向こうから妥協案が来るのを待つ」

・「自力または自腹で訴訟をする」

みたいな、微妙なヤツ以外にあったっていうことは良かったのではないかと。

やっぱりね、多少なら、自分のために譲歩するってことはあっても人間限度はありますよね。なので、この人はこういう選択に踏み切ったと。相当ストレスもあっただろうな・・・、可哀想に。

というわけで、この頃、自動車保険の弁護士特約ブーム(加入の需要)に静かに火が付いてきています。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。