事故ったときの整備工場選びが重要と考える理由

   2015/11/27 

数年前に自動車保険の新等級制度に移行してからというもの、ますます重要度が増している昨今なんですが、その理由について、書いていきます。

新制度で何が変わったのか

ハッキリ言って、自動車で、事故をやってしまった場合、自分の保険を使うと、通常ガッツリと更新の時に、保険料が上がるようになりました。従って、保険を使わないで、「自腹を切ったほうが得」なケースが「大幅に増えた」形です。

そうなると、どういったことが起きてくるのかというと、

・出来るだけ修理費を抑えたい(自分)

・相手への賠償金額も出来るだけ抑えたい(相手)

という、ようなニーズが増えてくるわけです。まあ、当たり前ですね。

そこはユーザーの満足の問題

で、相手に対してというのは、結構できることが限られちゃう。というか基本は好きなとこで修理してもらうしかないわけですし、例えば、「中古の部品使って」直してとかも、要求することは、まず無理なので、ほとんどできることはない。(そもそも損害額を認定するにあたってありえないことですので)

なので、やりようがあるのは、自分の方ぐらいなんですよね。で、事故ったときの損害額の認定は、当然普通にやるわけですが、実際の修理は、出来るだけ安くやってもらうことは整備工場によっては可能なんです。

例えば、自分がいいと思っているところとかだと、可能な限り高めの額で、保険会社からの損害額の認定を取り付けます。そして、実際には、そこから修理代金の「サービス」をしてくれたりしますので、実質的に「手出しをする分が少なく」て済む。もしくは「ゼロ」で済んでしまうといったことが可能になるのです。

あとは、それでもどうという場合は、「中古部品」を使ってもらうとか、通常の「完璧な修理」ではなく、「あんまり目立たない程度」にしてもらって、その分「安く抑える」といったことも可能です。

つまり、キチントやると当然にかかる料金も、やり方によっては、予算内で満足できる仕上がりにできる場合も多々あるのです。

ある程度磨いて、目立たなくしたり、塗装も通常よりも仕上がりが良くなくても、「もう古いし、ある程度綺麗になっていれば・・・」というようなケースでは、ユーザーが満足していればそれで充分なのですから。予算内で満足できる仕上がりの方がユーザーとしてはいいわけで、そこはユーザーの満足の問題なのです。

修理先の選択は誠に重要

従って、ケースごとにユーザーの希望に応えることができるような、「融通の利く所に頼む」というのが今後ますます大きなポイントとなるでしょう。

あと、もうひとつ言えば、代車ね。ここも地味にポイントなんです。代車特約を契約していない場合は、当然どこからも代車代は出ません。で、当然代車特約は、有料です。

ただ、これも代車代がタダのところがあるんです。ですから、特段代車特約は自分は提案をしないんですが。で、こういう点も安く修理をしたい場合は、同じように重要なポイントになります。

なので、代車もタダで、修理もいい感じにやってくれるとこに頼むべきなんですよね。今時特に。

それでね、自分は別に調べて歩いたとかではないんですが、保険会社の保険金の支払いを担当している人達と以前しゃべった時には、やっぱり「ディーラーは高い」ってことなんですよね。普通に何割かは高いって言うんです。ヒドイと5割なんて場合もあると・・・。まあ、安いって思っている人はいないと思いますが・・・。

保険で一切を賄うケースでは、それでもいいかもしれません。しかし、内容次第で、自腹でやるというケースも有り得る場合では、やっぱり、キチント考えて、「良さそうなところ」に頼まないと、後々、後悔をするでしょう。

さいごに

それともうひとつ言えばね、「保険で全部賄える場合は、いいかも」と、上述していますが、これも中長期でみれば、全然良くないんです。保険というのは、全体の支払保険金の額で保険料が決まってきますから、みんなして、高いとこに修理に出していれば、保険料も高めになってきます。

ですから、みんなして安めのところに頼めば、原則として、保険料、安くなってくるんですよ!!

なので、その点も決して見逃せない点なんです。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。