自分や家族の車が増える場合に保険を安く契約する方法

   2015/11/27 

今更かもしれませんが、知らない人もそれなりにいるであろうと思われるので、この記事はそうした方に向けて書いたものです。

さて、今回は、自動車をもう一台増やした場合の合理的に(場合によっては安く)保険を契約するためのテクニックをご紹介しちゃいます。これは、自分の車に限らず、子供などの家族に買ってあげる(家族が買った)場合なども含まれますので、参考にしてみてくださいね。

さて、改めまして、車をもう一台増やしました。その場合は、普通は、新たに新規という形で契約するのが、素直といいますか、特になんのテクニックも使わない場合です。

その場合は、要件を満たさない場合は、「6S等級」、満たす場合は、「7S等級」と、いくらか安く契約ができます。

そんで、「テクニックを使う場合」。

これはね、ズバリ「既存の契約に自動車を入れ替える」わけです。そして、「元々の車」を上述のように「新規で契約」をする。もう少し、解りやすく説明しますと、

【通常】

・新しく買った車 → 新規で自動車保険を契約

【テクニックを使用する場合】

・新しく買った車 → 既契約に入れ替えるよう変更をする(車両入替と言います)

・上記既契約で契約をしていた車 → 新規で契約

そうすることで、ケースによっては、「トータルの保険料に何万円もの差が出る場合がある」のです。これは、車種や契約者の年齢などが関係します。

ですので、もし、自動車をさらに買い足したような場合は、担当の人に、両方のパターンで保険料を計算して貰うよう依頼をしましょう。

で、このことって知っている人は知っているのですが、知らない人は意外に知らないんですよね。あと、気の利いたところでは、黙っていても損のないやり方をいろいろとアドバイスしてくれると思いますが、そうでないところも必ずあるでしょう。なので、合理的にやりたい人は、自分から積極的に依頼をすべきです。

じゃないと、損な方法で契約をするはめになるケースが出てくるでしょうから。

というわけで、ご参考にどうぞ。このやり方だと、サイフが別な場合で、自分の方が保険料上がりたくないという場合には、ダメなんですが、親子の場合に活用されているケースが多いですから、使い勝手はかなりあるでしょう。

それと、ケースによっては「普通に契約をした方が、合理的な場合もある」ので、「ポイントは、2パターンで」、保険料を計算をしてもらって、比較をする。そして、有利な方を選択する、ということです。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。