「これまでに入っていてもなんにも無かったから保険は入る意味が無い」についての感想

   2016/12/19 

先日、このタイトルのような意見の人がいましたので、その感想を書いてみます。

はいはいはい、確かにね。かなり辛口な感じで書くと、結果に対してしかものを言えない人の典型という感じですね。これはあくまで結果論なんですよ。

あと、もう一つ言えば、お金に余裕が無くなってきて、どこを削るかみたいなことを年中考える必要が出てくると、こういうことを言い始めるような人はいます。というか、過去にもいました。そうやたらめったらはいませんけどね。(笑)

まあ、自分の感想としては、法律で加入が義務付けられているなどのものでなければ、入る入らないは、その人毎の選択でしか無いわけなので。検討の結果入りたいと思えば、入ればいいし、そうでなければ、四の五の言わずに入らなければいいだけ、でしかありません。

正直、「ウザッ」とか思いますよね。程度にもよりますが、かなりガッツリな感じだと、「なぜ?なんでそんなに誰かのせい風なの??」という感じです。そんなだから……なんだよね的な。

それで、もう少し書くと、保険という制度は、そもそもとして、株や債券のように、率直に投資をした以上にお金を増やそうという狙いでもって、行われている制度ではありません。

ですから、ほとんどの人は、お金の収支という意味においては、損をする制度なんです。ですから、このブログでも散々言ってきましたが、昔からバカとハサミは使いよう。

ということで、賢く便利に利用していくことが当然に求められます。この点をまず理解していないと、何でもかんでもポコポコポコポコ入っちゃうと、後から「なんか金もったいなくね?」みたいになります。まあ、それはそれでできるだけ早めに気付けば経験なんですが。

あと、世の中そんなに顧客目線の人(業者)ばかりではありません。むしろ、保険の場合はそうじゃない人の方が多いぐらいかもしれません。なので、「あれも必要、これも必要」みたいに言われ、自分の頭で考えずに入っちゃうと、最悪になります。

ただまあ、該当すれば、保険金は出るわけですので、全然意味が無いわけではありませんが。ただ、確率から言うと、かなり儲かる可能性は低いジャンルのものですので、やはり、そういったやたら入るみたいなのは、オススメできません。

もう腐るほど言ってきましたが、「保険の価値は、自分の経済力を遥かに超えるようなリスクに対してでも、少額の(安価な)お金(保険料)を支払うことで、そのリスクに備えることができる、リスクを移転することができる」という点です。

言い換えれば、リスクを代わりに引き受けて貰えるという言い方もできます。

なので、保険は最低限。どうしても、入らないワケには行かないようなものに対してだけ、最低限入るようにしましょう。それがオススメです。じゃないと、繰り返しますが、確率的に勿体無いだけですから。

というか、そんなに高確率なら、保険料、仕組み的にクソ高くなるんで……。それもまた微妙な話。まあ、アメリカの医者の賠償保険はドンドン高騰して、年収の半分以上だか、保険料で消えるなんて話も聞きますが……。

なので、話を戻しますと、保険は最低限必要なだけ入れると。あとはそれ以上は「好み」です。そして、お金を増やしたければ、保険ではなく、株とか債券とか、投資信託とかそういうのを検討しましょう。

それは嫌だという人は、せめて保険ではなく定期預金とか。まあ、定期預金ではたかが知れてますけどね……。世の中、まったくリスクのないところにはリターンはないんです。

リスクと言っても、やり方次第でそんなジェットコースターみたいなことにはならないんですけどね。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。