保険料の滞納常習者は、そもそものお金の使い方に問題あり!

   2016/12/19 

結構いきなりな感じがなんかありますが、今回は、保険料の滞納の常習者について書いていきます。

まあ、うちでいうと、割合的には1%もいないですが、かなり常連の人がいます。そういう人ってのは、そもそも期日に払う気がないのでしょう。あと、たまに、送れたりという人もいますね。

で、もう意図的に完全に故意にやっている人は、論外としても、そうではないが「ついつい、支払いを後回しにしてしまう人」っていうケースもあるでしょう。

まあ、ただいずれにしても、保険会社はいくらでも待ってくれるわけでもなく、約款に定められた、猶予を過ぎれば、当然、一律解除権を行使します。もっと言うと、「解除します」という旨の紙を送ってきます。

ただ、これも通常、普通郵便なので、失効はしますが、送った側が、相手に届いていることを客観的に主張することは、通常不可能なのですが……。なので、まあ、ご希望なら、契約を続けることは実際可能なんですよね……。

で、戻しますと、なので、基本的には、補償を継続的にしてもらっている状態を保つためには、猶予の期限内には払っていかなければ実現しないわけで、従って、遅れようが何しようが、ずっと継続的に払っていかなければならない額は同じなんです。当たり前ですが。

ということは、遅れて払うことで、別に支払いが少なくなっているわけではないので、その人の収支としては同じなわけです。つまりですね、予めキチント予算を組んでいれば、余程の事情がない限り、期日通りに払えるはずなんですよ。

で、今回そういう人にオススメをするのは、毎月の予算の組み方についてです。

自分も正直18歳とかぐらいのときには、予算の組み方が下手くそで、不安定な時がありましたよ。まあ、しかしでも、こういう予め決まった料金の支払いに遅れたことはありませんが……。

で、それはどういうやり方かというと、予めかかる年間の費用(支出)の合計を出してみます。全てです。あと、車検とか、年に一度ではなく複数年に一度のものは年あたりで出します。

そして、これを最終的には、月あたりで出します。なので、全部合計とかしなくても、それぞれ月あたりに直してもいいのですが。

そして、出来れば後からいつでも見ることが出来るように、エクセルなど表にまとめておく。

ですので、これで「月の固定費」が判りますので、この金額は他のことに、絶対に使ってはならないのです。あと、急な出費にもある程度耐えられるように、予備費的な感じで、常に一定の現金を準備しておくようにしましょう。額は、その人の状況により検討が必要です。

例えると、保険みたいなものです。いつどうなるか分かりません。例えば、いきなり車が故障し、結構修理代がかかるとか。あと、冠婚葬祭。まあ、主にはいきなりなのはそんなところでしょうか。

なので、その金は、場合によっては、いろいろと使い勝手はありますが、基本的には、お小遣いや貯蓄のような類のものではなく、あくまでも準備金、→保険的なものです。

で、あとは、残ったお金は人の勝手ですが、自分は予め計算方法を設定して、一定金額を投資。一定金額をお小遣いという風にしてやっています。

その結果どうなるかというと、かなり安定しています。何かの支払いに困るということはありません。もし、あるとすれば、それは初めから計画が間違っているか、計画通りやっていないかのどちらかでしょう。

あと、有り得ないぐらいの出費が急遽出るという可能性が絶対に無いとは言い切れませんが、ただ、その可能性は普通は極めて低いですから、まあ、まず有り得ないでしょう。あったとしても少なくともしょっちゅうは無いはずです。

というわけで、支払期日というのは、約束ですから、これはキチント守らなければなりません。じゃないと、相手に迷惑もかかりますし、自分も信用されなくなります。ハッキリ言って、お金をちゃんと払わない人を「客とは言いません」からね。

というか、「遅れてでも払っていれば、いいだろう。」「しかも、ちゃんとあんたんとこも売上にはなるだろう。」というロジックの人がいそうですが、まあ、売上にはなるという点についてはそうですね。ただ、かなりシラケます。やる気を失いますね。

支払いが悪い客のリスト(契約解除の対象のリスト)が、我々のところに届いて、それを見たときに一番の影響というのは、「モチベーションが下がる」ということです。つまり、一番の損失は「やる気を失くすこと」なんです。

もちろん、少しですが通常は無いはずの余計な仕事も増えます。しかし、そんなことは実際大したことではありません。

初めて契約してから、一回目からちゃんと払わない人もたまにいますからね。笑 こういう人は、ホント目障りなので、次回からクレジットカード払いか、親とかまともそうな人に契約者を交代することを条件でしか引受けません。あるいは、一括払いか。条件がクリア出来なければ当然、ドンドンお断りしていきます。

というわけで、どうせ払う金額は一緒なんですから、迷惑かけずに、期日通り払うようにしましょう。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。