相変わらず積立型がいいと言う人がいるけど、本当にそれで満足なの?

   2016/12/19 

はい、今回は、久々積立型の損害保険について書きます。

今の若い世代に関して言えば、ほとんど馴染みが無いのではないかと思われます。火災保険とか、傷害保険とか、積立型のものって有るんですよ、一応今も。

あと、自分は分りませんが、大昔に積立型の自動車保険があったという話を一部で聞いたことがあります。あくまで、噂レベルな感じでしたが……。

で、なぜ若い世代は馴染みがないと考えるのかというと、理由は、簡単です。

メリットが無いから。

ということです。あと、デフレ不況がずっと続いていましたので、そういう環境下で、「積立をしよう!」あるいは、そういう余裕がある人っていうのも少なかったと考えるからです。

従って、メリットがないものを、もしも「なんか積立にいいやつありませんか?」と相談を受けた時に、提案してもしょうがありませんから、現在では、基本的には積立型の損害保険は、一部の年金を除いてはうちでは、引受けを行っていません。(メニューとして用意していない)

ただですね、以前引き受けた契約は少なからず残っていますから、それの満期が来ると、再び更新を希望されることがあります。で、その時に言われるのが、

「掛け捨ては嫌なんですよ。損だから。」

とか。

「満期が来てお金が戻ってくるのが楽しみなんです」

というやつね。

完全に人の勝手なので、とやかく言うつもりは無いんですけど……。

無いんですけど、何なんでしょうね。これは、以前生命保険でもありました。うちではですね、社の方針として、基本的に、顧客に対して合理性に欠ける提案というのは行わないんですよ。

やっぱり、客を喜ばせて(満足させて)なんぼの競技ですから、当然なんですけど、上述のように損をするような提案やアドバイスというのは、出来ません。というか、やりません。やりたくもないし……。

当たり前ですよね。だから、上記のような人に対しても、キチント、メリットとデメリットを丁寧に説明した上で、今はやっていないと伝えるわけですが、それでもやりたいという人はいるんです。

生保の時なんかは、最終的に担当者から、自分へ「一通り丁寧に説明したけれども、損だと言われてもその方がいいと言われました」ということだったので、生保はそういうのも一応やっているので(提案はしませんが)「じゃあ、それで入りたいというのなら、いいんじゃない」「合理性とか関係ないんでしょ」ということで、やったわけですが……。

なんとも変な感じですね。(笑)

あとですね、客にメリットが無いから、引き受けていないというのは、そうなんですが、加えて、我々の手続きの手間暇もかかるんですよ。儲けは通常ほとんどありません。そして、客にもメリットが無ければ、喜ばれる可能性もあまりない。

つまり、基本的に「誰もいいことはない」ので、引受けないのです。

ていうか、まだそんなこと言ってんの?って感じなんですけど……。だって、補償料も入っているわけですから、払ったのより少なくなって返ってくるわけですよ通常。だから、掛け捨てで入ってるのと、ほとんど変わらないんですよ。その分乗ってるだけで。

それでなぜ楽しみがあるのか理解できないわけです。

保険の期間は、5年とか、今も出来たか不明ですが10年とか結構長期に渡っている。だったら、普通に「ノーロード」の「インデックス型」の投資信託とか毎月買って行ったほうが、完全に楽しみありますよ。

それこそ、そういう人に限って、「株価とか上がっても自分はやっていないので関係ない。全然、懐具合は温かくならないです。そういうのは、一部の余裕のある人だけです」とか言うわけですが、それは、完全に違いますから。

例えば、投信なら一万円から買えます、普通は。あと、楽天証券とかだと、積立設定でやるなら、1,000円から出来ますからね。毎月、自動的に買われることになりますが、これも別に途中でそれを止めることもできます、普通に。

なので、それこそ小学生でも金額的には可能です。

だから、そういうのを買えば、株価が上がった時も、盛り上がることが出来るんですよ。そして、その方が余程楽しみがあります。それこそ、自由なお金なら尚更そういう選択肢に向いているでしょう。

で、どうしても嫌なら、せめて定期預金か、国債でも買ったらいかがでしょうか、と言う話。

というわけで、普通にメリットが無いものにお金を使って、有ると思い込むのはアレですからよく数字的なものを見て考えるようにしましょう。

そうそう、ちなみに、小学生でも「金額的に」可能と、上述しましたが、うちでは、小学生に上がるか上がらないかぐらいから、彼が親戚の人などに貰ったお金で、ある程度欲しい物を買った残りで、投資信託を買っています。もちろん、自分が元本保証をする覚悟なわけですが……。

おかげさまで、民主党政権から安倍政権になり、子どもの財産にしてはかなり凄いことになっています。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。