今となっては、みんな自動車保険は無制限にしているワケ

   2015/11/27 

今回は、タイトル通りで、無制限にしている人がほとんどのワケについて書いちゃいます。

いくつかありますが、1つは、それだけ高額になる可能性が大なり小なりあるからです。

しかし、これは本命ではありません。断言してしまってもいいぐらいでしょう。

昔はですね、対物は、500万とか1,000万でやっている人も結構いたと聞きます。第一、無制限というメニューが昔は無かったそうなので。

なので、自分も1,000万とかでやっていた時代が確かにありました。

そろそろ結論を言いましょうか……。

あのですね、無制限と言っても、現実的には、そんなに高額な事故ばかりではありません。ですから、実際にそんなに払うケースというのは稀なんです。しかし、ゼロの保証はない。

ここにミソがありまして、こういう場合は、それなりの保険料になるのが、保険の仕組みなんです。つまりですね、無制限でも、1,000万円辺りでも、「そうは保険料は変わらない」わけです。

もちろん、今後高額の事故が増えていけば、違いは出てくるでしょうが、現状は、「ほとんど変わらない」んですよ。

なので、答えは、あんまり変わらない保険料だから、無制限を選択する人がほとんどで、現在のように、無制限が常識なまでになって行ったというわけなのです。

ですから、ついでに言いますと、保険料を抑えようと、その辺の調整を検討する人がいますが、残念ながら調整したところでそうは違いませんので。

で、やはり、そう違わないのなら、無制限にしておいた方が、間違いは無いし、コスパもいいでしょう。こういうところに保険の価値はあるのです。

確率的には、少ないが、絶対に無いとは断定できない。でも、確率は低いために、料金的には安め。少額の料金で、大きな補償を得ることができるというわけです。

こういう、賠償系の保険の需要が幅広く有るというのが理解しやすいですよね。示談交渉や損害の評価の問題も有るわけですが。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。