「子供は何人かはもうけるべき。お金はどうにかなるから。」は無責任以外の何者でもない

   2015/11/27 

今回は、家計に関することについて書きます。

具体的には、子供について。みなさんは、子供についてどう考えていますでしょうか。良く年配の人なんかで、子供のもうける人数について、言及してくる人がいます。

あと、年配ではなくても、年配の人の受け売りか何かで似たようなことを言ってくる人がいます。

「子供は何人かはもうけるべき。お金はどうにかなるから。」

とか言うやつねwww

これについて、今回はコメントしてみたいと思います。

 

本当に、全くと言って良いほど説得力がないですwww これって昔から思っていることで、良くもまぁ、金も出さないくせに人の家の経済に関わることに口出しをするよなと(苦笑)

いや、だってそうですよね。金の心配はするな、と。それはいくらでも出すから、安心して何人でも、もうけてくれ、ということなら話は解るんです。が、そんな責任感のある人は1人もいません。

いるのは、意味不明な論理で、どうにかなるだのとだけ言ってくる無責任な輩だけ……。

自分もそういう体験をしたことが複数回あります。その度に、じゃあ、極端な話、10人でも、100人でもいけるんかい?なぜ?と思ったもんです。

それなら、子をもうける=収入が増えるということになるではないですか。わけが判らん。

たぶんね、昔の人は、いい時代を生きてきましたから、収入が普通に悪さをせずに働いていればさえ、少しずつ増えると思い込んでいるんでしょうねwww 年功序列、終身雇用、右肩上がりの経済みたいな。

ていうか、この際だからハッキリ言うけど、子供っていうのは、直接はキャッシュを産みません。ですので、当たり前ですが株や債券などとは違います。あと、経験という点では、仕事に役立つ面はあるでしょうから、本を読んだりなどのように、自己投資的な面はあるでしょう。ただ、投資に対するリターンという意味では・・・、厳しいでしょうな。あと、人数の面でも正比例はしないでしょうな。

というか、あんまり、こういう見方をしたくはないのですが、重要な点なので、目をそらさず言っていきます。

で、もっと言うと、かなりリスクが大きいです。というのは、子供が1人大人になるまで育て上げるには、相当な金額が必要となります。内容にもよりますが、家が建つぐらいは楽にかかるでしょう。

つまり、初めにそのぐらい持っているのなら、そこから払っていけばいいわけですが、持っていないのなら、ローンで買い物をしているのとなんら変わらないのです。

基本的に途中でやめるという選択肢も実際とることはまずしたくないのが普通でしょうから、その辺を考えると尚更厳しいものがあります。

そうです、つまり、買い物と同じなんですよ。それも、手放すことが基本できないもの。株などであれば、売ることが出来ますし、投資した額よりも増えることが期待できます。ですので、払いっ放しではないのです。

あと、お金がたくさんかかる趣味もローンを組むなどせず、持っているお金でやっている分には、途中でやめてしまえば、お金がかからなくなります。

車の維持費もそう。これも現金で買っていて、負債が無ければ、物凄く燃費が悪くて、税金も高いなど、維持費がとてもかかる車だとしても、売るなどして、小さい車にすれば、そこに対処できます。

しかし、子供はそうはいかない。しかも20年ぐらいは、支出が発生。20年先とか今どきどうなっているのかなんて判るわけ無いですから。

そんな危険な買い物をワケの分からないロジックで、ポコポコ増やしていくというのは、本当に危険すぎ。いいんですよ、それでも信念を持って、デメリットも理解した上でやるという人は。法律で禁止されているわけではないんですから。

ただね、子供も迷惑するでしょ。頼みもしないのにそんなしたら……。運良く経済的に恵まれればいいけど、全員そうはなりようがないわけで。

ていうか、どう考えても根拠となるお金や収入。企業で言えば、売上もないのに、ずっとお金がかかるような買い物をドンドンするって、頭おかしいでしょどう考えても。「なんとかなる」って何?一番ヤバイ考え方。

そういう意味では、何も考えて無さそうな人ほど、子沢山という傾向はある。もちろん、例外もあるだろうけど、それはあくまで例外にすぎない。

あと、収入に根拠があっても、20年も、というか、最後の子が生まれてから20年ぐらいなので、人数によってもっとだが、ずっと長期に渡って収入が間に合うぐらいあり続けるってのも確率的には、多くは無いと思っておいた方がいいだろう。

これは、どのぐらいかは判らないけど、間に合うぐらいあり続ける可能性も、そうでない可能性も、両方それなりにあると思われる。なので、途中で到底暮らしていけ無くなる可能性もそれなりにあるわけだから、良く考えるべきだ。今どきは特に。

そもそも、住宅ローンという仕組み自体も危うい仕組み。これは、自分も常識的に考えて普通にそう思うし、本なんか読んでみても複数の専門家がそう言っている。要は、国が金を回すために始めた仕組みなんだよね。

ていうか、住宅ローンを危ういとは逆に捉えている専門家ってみたことないな。いわゆる肯定派みたいな人は。まあ、そうだよね、成立するにはハードルが高いもの。それこそ、かなり月の支払いが少額でないと。そんなことなら、ローンはほとんど必要ないねwww

というわけで、保険みたいに、払えなくなったら途中で簡単にやめれるものではないので、そういう類の支出は良く考えて増やすようにしましょう。

そうだなぁ、いいとこ1人か、多くても2人までだろうな。自力で育てるなら。じゃないと、家計を安定的に運営していくということは、長期的なスパンで見ると厳しいでしょう。

なので、自分はまだ子1人と犬1人。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。