保険代理店の満期の連絡についての責任の勘違いについて

   2015/11/27 

以前、満期の連絡時期について、大騒ぎをされたということがありましたので、その辺の責任関係について書いておきます。

我々の業界では、事故があると、お金の問題が発生するもんですから、通常の業種よりも、保険の契約を更新するしない。あるいは、満期の連絡について、かなり神経を使って管理をしています。

正直、やり過ぎなんじゃないか、と思うぐらいにやっているのが、この業界の慣習です。過去には、トラブルに発展したケースで道義的責任を問われ2割の過失を認定された判例(地裁レベル)などがあることも関係あるでしょうが。

ただですね、それって、別に契約約款で義務を負っているものでも、法律で義務付けられているものでもなんでもないんです。

なので、任意のサービスとして、任意に行っているにすぎないもの。言い換えれば、勝手にやっているだけ、なんです。

ですので、基本的には、そこら辺の管理は、自分で行うものなんです。

まあ、実際は、ちゃんと管理をしていますし、早め早めに確認をとりますので、何も問題は起きないんですが、例外的なケースが以前ありました。そこは、ちょっと特種なケースでして、組織がらみで、保険を契約しているというもの。

契約はあくまで、組織ではなく、そこの関係の個人対保険会社で行うわけですが。で、そこの組織に所属をしている人が、対象なわけですが、そこに所属をしている人の意思として、組織からこちらからの電話等での満期の連絡は不要(いらない)、という申し出が以前にあり、そういうことになってたんです。

つまり、連絡を貰いたくない、ということだったんですね。まあ、いろいろな好みが人それぞれありますからね。なんか、催促されているみたいで、切なかったんだそうです。

なもんで、じゃあそういうことならと、そこの関係の契約の人には一律連絡はやめました。

ですので、2ヶ月ぐらい前に、文書で通知して、あとは、本当にギリギリまで連絡がない人にだけ、こちらもトラブルは嫌ですから、よくよくになったら「満期になりますが大丈夫でしょうか?」とだけ連絡をいれるだけにしました。

そしたらですね、それは本来、そこの組織側の都合なので、常識的に言えば、そこの組織でそこの人に説明をしてもらうべきことなのですが、良く判っていなかったらしく、文句を言われたことがありました。

それも鬼の首をとったみたく。まあ、要するにその人的には、もっと早めに満期であることを教えて欲しかったという話なんですが。ギリギリだと心配だということでした。まあ、そうですよね。でも、そんなこと言われても、組織とはしない前提になっているわけですから、言われてもしょうがないんですけど。

まあ、なので最終的には、その人は組織に文句を言ったようですが、どうにもならなかったようです。

 

で、初めにもどります。

というか、そもそも任意のもの(保険料を支払うことで得られる権利ではない)なので、そもそもそんなに大騒ぎをして、所謂、「お前は悪いやつだ!!!」みたいなニュアンスで言うこと自体が全くもって、違う話なんです。保険料に対する標準的な基本サービスではないわけですから。

気持ちは判る部分もありますが、自己責任意識が無さ過ぎます。そんなに心配な割には、事前に自分から、満期の案内時期についての確認も来ていません。確認していれば、その時点でハッキリしていたはずなんです。

自分のことなわけですから、人任せにするのもいいかげんにして欲しいものです。ホント勘弁して欲しい……。

そういう人ほど、何でもかんでも人のせいや世の中のせいにして、何か都合が悪くなると、大騒ぎ。同じ失敗を何度も繰り返すんです。

というか、酷い目見るのは結果、自分なんだから、いい加減失敗に学んで、何かのせいにばかりするのは、やめろよみたいなwww

なんにもいいことないわけですから。早いとこ原因自分論者になって、自己責任意識をもって行動するべきですね。

ということで、やや脱線をしましたが、実際は、通常はちゃんとしっかりと管理をしていますが、それは、「任意のサービスでやっているものなんです」というお話でした。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。