【最近の事例紹介】「どちらも青信号で衝突!?」高齢化社会でますます増えるかも

   2015/11/27 

先日のことですが、交差点で車同士の事故がありました。

この事故、困ったことにどちらも青信号だったっていうんですよ。

信号がぶっ壊れていなければ、どちらかが誤ったことを言っていることになります。故意なのか、勘違いなのかは置いておいても……。

で、今の時点で何も客観的な判断材料がありませんので、どちらがどうとは言いませんが、我々の方の顧客は、80代も半ばですから、結構なお歳なんです。いや、だからと言って間違っているとは、言いませんが。

しかしね、この件ではまだ断定出来ませんし、しませんけど、こういうケースってこれからますます増えていきそうだなって思うわけです。

ていうか、こういうの初めてなんですよ。前に、人ひいておいて、翌日になったら、「何かの間違いだと思う」と、言い始めたおじいさんは、いたことがありましたが……。

今回は、取り敢えずケガ人はいないんですけど、どうなることやら。取り敢えず、ぶつかる瞬間を見ていたという人がいたので、その人の話を詳しく聞くことにはなっているのですが。

ていうか、ぶつかった時間が正確に判れば、その時信号が何色だったのかって、警察は判るんだろうな。

まあ、最悪は半々しかないかなぁ、とも思っていたけど、どうなるかはまだ見えてきていません。

で、思ったのは、もし自分がこの事故の当事者なら、ハッキリ言ってかなりウザいです。信号がどちらも青とかって……。解決までにも時間がかかってくるし。

客観的に判ればいいですが、最終的に判らなければ、適当なところで合意に持っていくしかなくなるので。

なので、車両保険ってやっぱ入ってた方がいいなと。面倒臭くないもの。もちろん損害額にもよるけど、前提として、保険を使うことが決定すれば、車両保険あれば、過失割合がどうとか、経済的な意味では、ユーザーにとって関係ないからね。どう転んでも保険会社が払うだけだから。

更新後の保険料も、どう転んでも等級とかの変わり方は同じだから同じだし。自動車保険は、使ったのか、使わなかったのか、しかないから。

あるいは、損害額によっては、保険を使わない方が得な可能性があっても、面倒くさくなって、ストレスになるぐらいなら、サッサと保険会社に丸投げ、という選択もいいですね。「あとは、勝手に決めちゃってください」みたいな(笑)

要は、どちらが快適そうか?ということだね。

もちろん、金がどうでもいいなら、車両保険なしでも、保険会社に丸投げも出来なくはないが、過失割合によって、自分の修理代を手出しする額が変わるので、それはちょっと極端な感じも。そういう意味では、やっぱり車両保険があった方がいい。

どのぐらい上がるかは、事前に概算で判るし。第一、相手への賠償も自分の修理も全部一切保険で賄えた方が、保険に対する満足度が高いので、気持ちが良いんだよな。

というか、どうでもいいことですが、その事故の時の向こうの保険の担当者が、俳優の高橋克実さんに似ていてちょっと驚きでした笑笑笑

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。