【最近の事例紹介】請求するにも根拠を示せなければ請求のしようがない

   2015/11/27 

つい最近あったことですが、車同士で事故がありまして、その事故の経緯について、認識が真っ向から食い違っているんです。

ただ、問題なのは、どちらもそれを客観的に示すことができないってことなんです。

普通の事故というのは、ほぼどういう感じで事故が起きたかと言うのは、一致をするのが普通なんです。もし違っていても、僅かな差で、そこは、両者の話を良く聞いたり、現場をよく見たりなんかする中で、一致をさせていくわけです。

そして、その一致をした事実に基づいて両者の責任を話し合う、とこういう流れになってくるわけですが、その件ではその前の段階。

一致をさせようにも正反対なもんで、やりようがない。一応見ていたという人は出てきたのだけれど、事故の瞬間を見ていたというわけではなく、音が聞こえてきたので、出て行ってみたら、そうなっていたという程度の話。

なので、事故発生からいくらか経ってから見ただけなので、別に何の意味もない話。だから、ホント何の意味もないんだよね……。

それで、今回言いたいのは、両者ともに事実を客観的に示すことができない、ということなんですね。恐らくこれは、ドライブレコーダーでもなければ無理でしょう。

あるいは、ちゃんと事故が起きる前から、後まで見ていた人が見つかるとか。まあ、それにしてもどこまで信用できるかは別ですが。

ということは、相手に自分の認識を前提に責任をとって貰いたい。請求したい。と思っても、相手が任意に応じてくれるとかでなければ、無理なんですね。

これは、どちらも同じです。

なので、自分の考えるシナリオは、最終的には、5:5でやるとか。お互いに請求放棄をし、自分の損害は自分で負担をする、というプランしかないだろうな、と考えたわけです。

だって、もうそれしかないんです。お互いが同じ思いなわけですから。3:7とかでやる根拠もないし……。

そうすると、それぐらいしか考えようがない。繰り返しますが、請求の根拠を示せないのですから。

しかし、しかし相手の人およびその担当の保険代理店は、頑固一徹のようです。

思わず保険会社の事故の担当者に、「えっ、それはあくまで理想論とか、思いに過ぎませんよね!?」「あくまで請求するだけの客観的なものがなければ、請求したくてもやれないじゃないですか」と言ったぐらいです。

なぜ、そんな頑固一徹な感じなのかと、尋ねたら、良く解らないということでした。「とりあえずは、自分たちは、悪く無いと信じて疑わないんでしょうねぇ……」ということ。

は!?バカですか???

客は解りますよ。素人なんですから。

しかし、その保険代理店の担当者まで同じような感じだってんだから、驚きです。世も末ですな。(ちょっとオーバーだけど……)

思いを実現するためには、何度も言いますが根拠を客観的に示すことができる必要があります。「信じて疑わない」とかは、関係ないし、それでは根拠を示していることには、全くならないのです。

というわけで、その人はちょっとというか、かなり「アレ」だ、ということが判り非常に厄介であることが判明してしまったのでした。

いやー、でも本当ビックリしましたよ、信じて疑わない、とか何!?的な。そんなのこちらも同じだろ!!と。

というか、そんな、信じて疑わない、ってだけで、相手に金を払わせることが出来るのなら、メチャクチャ恐ろしいですがなwww

そう言ってりゃ請求根拠になるのなら、金が欲しくなったら、その辺の人に「借金返せ」とか「お前のせいで精神的損害を被ったから慰謝料を払え」とか言いたい放題なわけで……。とんでもない世の中になっちゃう。

具体的に根拠を出してくれと言われたら「信じて疑わない」とさえ言っていればいいわけだから(爆笑!!!!!)

合言葉は、

「信じて疑わない」

みたいなwwwwww

笑笑笑笑笑笑。

素人丸出しですな。

みなさん、気を付けましょう!!

 

ところで、先日息子とピリッと辛い麻婆食いたいってことで、ここに行ってきました。

ここ:http://goo.gl/rV2Oz8

店もキレイだし、家からもまあまあ近いしなかなか良かったですよ。また行くと思います。値段も、全然高級店とかの感じではなく普通でしたし。

で、その麻婆ですが、麺と飯があったので、1つずつ頼んだのですが、期待を裏切らない辛さでかなり美味かったです。というか、実際は通り越して、メチャクチャ辛くて、辛いというか、痛かったです。口が。マヒして感覚なくなりましたもの。

それだけに、水がメチャクチャ美味かったです。

IMG_20150530_123838

IMG_20150530_123829

IMG_20150530_123546

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。