保険代理店という業態が成立するのは、せいぜいあと20年!?

   2016/12/19 

iモードの産みの親とかって言われている夏野剛さんのメルマガを購読しているんですが、最近読んだものに「保険代理店」についてのコメントが出ていました。

週刊『夏野総研』

それは、そのメルマガの所謂「Q&Aコーナー」での質問に対する回答だったんですが、その質問者は保険代理店を経営している人らしく、それに関する質問だったんです。

で、夏野さんの回答は、

保険代理店というビジネスに未来はないと思います。が、あと20年くらいは稼げるでしょう。もしあと20年で引退しないのであれば早めの業態転換がいいのではないでしょうか。

出典:http://goo.gl/PjOqQd

というもの。

自分も一応保険代理店をやっているので、当然目に止まりました。あと、保険代理店と言っても、生保中心のとこと損保中心のとこでも大分違うでしょうが。

というか、珍しいですね。保険代理店についての話題(笑) それだけ、話題に上らない業種なんです。

さて、この件について、自分なりの感想を述べてみます。

ポイントとしては、

・IT

・自動運転車

という2点でしょう。特に後者の自動運転は、世の中を大きく変える可能性が高いと思われます。

この自動運転の性能が高まれば高まるほど、事故った時も「メーカー責任」となり、その車の所有者や使用者などが責任を負うということは、基本なくなるかもしれないからです。

そうなると、自動車の所有者などが、自動車保険を契約するという時代は終わる可能性があります。そして、事故は確実に激減するでしょう。

そうすると、多分、自動車メーカーと損害保険会社がPL賠償保険あたりを契約して終わりというのが一般的になるかもしれません。

ただし、いたずらや、水害などの類のものは、基本的な話として、メーカーには、賠償責任は生じませんから、その辺の問題は残ります。が、いずれにしても、自動車保険のマーケットとしては、事故も減るでしょうし、確実に縮小の方向となるのは濃厚と思われます。

損害保険の契約は、自動車保険のウェイトがかなりを占めるので、これはかなりの影響があるでしょう。

あとは、何時の時点で、実感出来るほどになるのか?という点だけです。

それと、ITについては、現在でもネットを介した保険の契約というのは可能ですが、大してシェアは伸びていません。おそらく欧米なんかでもそうらしいので、ここの影響というのは今後も大して変わらないでしょう。

むしろ、デフレが長かった割には、大して伸びなかったね!というのが、自分の印象です。一方で、スマホがドンドン普及をしてきてますが、ですが、まあ保険というものの性質上、どんなにシンプルにする努力をしてもネットで契約をする人はそうは増えないと思います。

これは、保険という、

・楽しいジャンルのものではなく

・しかも文字などを見て理解するしかないため、解りにくいものであること

・基本的に万が一のリスクのためにかけるものであること

があげられます。

あと、そういうネットを使って積極的に行動する人の割合に関するデータみたいなものをみてもそうですね。

というわけで、最初に2点あげましたが、実際は1点がほとんどかなと。

あと、確かにそういうことは考えられるんですが、これは20年後とか、ある程度先の話ですから、実際はどうなのか判りません。

例えば明日の天気予報とかならある程度当たる可能性は高いでしょうが、数カ月後とか来年とかどうなのかなんて、判るわけないんですよ。いろんな要因が絡み合うわけですから。週間予報だってコロコロ変わるんですから。

なので、まあ、一つの可能性として見ておく程度が妥当だと思います。

縮小するマーケットがある一方で、拡大するマーケットもある可能性も普通にありますし。TPPとかの関係で、日本の損害賠償制度も変わっていくかもしれませんし。

そしたら、今よりも認定される賠償額が大きくなり、賠償保険の需要および保険料が上がるということは普通に有り得ることなんです。

とまあ、例えば一例ですけど、何があるか先のことは判らないんです。

まあ、伸び盛りの業界になるかは別にしても、完全に無くなるということは考えにくいです。

あ、あと社会保障費を下げるために内容が今より薄くなるなどの可能性もそれなりにありますね。そうなると、生保の重要性が増します。

それと、高齢化社会が進行し、今よりも、良く面倒を見てもらいたい人が増える。家まで来てもらいたい人が増えるとういことも普通に考えられます。

一応、高齢化のピークは2040年とか言われているので、その前提だと今から25年ぐらいですが、その後も突然老人がいなくなるわけではありませんから。

しかも、その前提だってもっと長生きになって崩れる可能性も、これも普通にあるのだし。

というのが、自分の感想です。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。