損保ジャパン日本興亜で「業界初」となる「弁護士費用保険」を発売へ

   2016/12/19 

今朝ほど、自分のところに入ってきた情報によると、今年の12月から新たな弁護士費用を補償する保険商品を損保ジャパン日本興亜で、発売することが判った。ちなみに、情報の出処は同社。

これまて、弁護士費用の出る保険というと、自動車保険にセットする特約が一般的だった。自分や家族の車や他の所有物への自動車からの被害。あるいは、同じく自動車からのケガなど、といったものが対象。

しかし、今度のものは、

・離婚

・遺産分割(つまり、相続)

・人格権侵害

・労働問題

・被害事故

・賃貸に関するトラブル(借地借家など)

など、所謂一般民事のものを幅広くカバーするというもの。

もう、健康保険の、一般の日常の法的トラブル版という感じだ。ちなみに、同社曰く、業界初ということで、加入は、団体向けの傷害保険や医療保険に「特約」という形で、付帯して加入することとなる。

以前、保険会社によってはこんな風に幅広く対象になるものもあると聞いたことがあった。なので、今回のものがどの程度の業界初なのかは定かではない。あと、少額短期保険でも、似たようなのが、あったような。

先日から、このところ弁護士が介入する交通事故の案件が激増していると、このブログでも書いてきたが、ますます他の分野でもそういった流れが出来ていくきっかけとなりそうだ。

まあ、ただ今回のものはあくまで団体向けなので、個人のユーザーが希望しても、単独加入することは現段階では叶わない。

なので、本格的にそういった流れが加速していくのは、個人などが、単独加入出来る門が開かれた時となりそうだ。

おそらく、こういう動きは他保険会社でも出てくると思われるので、良いのか悪いのかは別にしても、間違いなく、日常的に訴えるような、弁護士に相談をするような社会に近づいている。

団体ではなく、単独での加入が可能となったら、自分も料金次第で検討してみよう。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。