近頃の「がんになる確率」や「かかる治療費」について

   2016/12/19 

今朝見た記事の中で、ガンの治療費や罹患率についてのものがあった。ちょっと目に止まったので紹介しよう。

がん治療費はイメージほど高くない? 100万円以内が約7割 – ライブドアニュース

どういった内容の記事だったのかというと、簡単に言うと、「現在、多くのがん治療は100万円以内で賄えてしまう」というもの。

それと、がんになる確率も、具体的に見ていくと必ずしも高くもないというもの。

たしかに一生涯で考えると半数以上ががんになるが、60才になるまで、がんになる可能性は必ずしも高いとはいえない。

女性が60才までにがんと診断される確率は11%で、80才でも29%だ。男性の場合でも60才までは8%と低く、80才で41%。90才、100才まで生きて5割に達する。

つまり、現役世代のうちは、せいぜい一割程度であると。その後は、年金収入もあるし、高齢者になれば、社会保障の制度的な優遇というか、治療費が少なくて済むという面もある。

それと、手術なども高齢になればなるほど、体力的にできないことも少なくないだろうし。あ、あと高齢になるとガンの進行も遅い傾向にある。

以前のデータが、どうだったのかは正直忘れてしまっているが、理想の準備額は、500万円とか、理想の手前ぐらいで、ある程度安心出来る額は300万円ぐらい、と言われていた。

まあ、確かに時代は日々刻々と変わっていくので、治療のコストが下がったり、以前では、健康保険の対象外だったものが、対象になったり、と言ったことは、普通にあるだろう。

いずれにしても現状そういうことらしい。

それともう一つ言えば、保険の仕組みを考えれば、現状のがん保険等の、保険料で、保険会社は、儲かることになっている(予定)のだから、その場合総額で、いくらぐらい保険会社に払うこととなるのか考えれば、この手のことはある程度判ること。

そんなに膨大な額が治療にかかる可能性が高くて、そして、がんになる可能性も高いのなら、相当な保険料が必要となるのだ。

というわけで、保険を無駄なく合理的に活用するための情報として、参考にしてほしい。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。