国内生保は相談を受けても提案をするものが無くて、もはや意味がなくなっている件

   2016/12/19 

以前から国内生保については、割高だ割高だ、とこのブログにも書いてきました。まあ、事実なので。

診査や商品的な意味で、そこにピッタリ来るケースは、いいわけですが、現在の環境からするとそういうケースってほとんどありません。

しいて言えば、うちで言うと一時払終身ぐらいでしょうか。

なので、通常のケースではほぼ、顧客の希望に対して提案するのにふさわしいものって、無いんですよね……。

だもんで(笑)、うちで取引のある国内生保の会社から来る、毎月の手数料は、もう笑っちゃうぐらいの額になりましたwwwwww

だって、ほぼ、そことは契約がないですからねwww あっても、何年か前に契約になったもの。その当時は、まだ今よりは、提案する際の候補になることがチョイチョイあったのですが……。

しかし、ドンドン他も進化をしてきます。そしたら、あっという間に現状のようになってしまったんです。

そこの保険会社の人からは「よろしくお願いします。」と言われますが、そう言われてもね……。その顧客に最適と思わないものを提案はできませんから。

なので、そういうとこのを積極的にやっているところは、他の意図でやっているんです。売ることありきで。売るためにやっていると。

じゃなかったら、そういう風になりませんから。ちなみにですが、うちと取引のあるその国内生保ですが、ある損害保険会社と提携をしています。

なので、そこからも、よろしくと、言われることがあります。でもね、笑っちゃうのが、「じゃあ、あなたもそこに入ったらいいじゃないのwww」とか、「高いし、いい保険がない、なんかいいのないの?どれがいい保険だと思う?」みたいなことを言うと「いや、・・・・・・・・。」みたいに黙りますからねwww まったく、意地悪ですね笑笑笑

まあ、でもそれが実態なんですよね。だから、彼ら、彼女らも仕事上仕方なく、よろしくと、言ってくるだけなんです。

なので、もうそろそろ、そことも取引を解消してしまうのがいいかと考えている昨今です。

取引関係にあると、契約はあまりなくても、何かと面倒があるのがこの業界。年に一度、監査もありますし。それ系のやつを日頃からキチンとしておかなければなので。

ならば、どうせなら自分がいいと思う保険会社と「だけ」取引をした方がいいわけです。無駄な労力にならないように。

オリックスとかいいかな。何かと合理化されてそうだし。

 

あ、あと、我こそはと思う、自分の舌(?)を唸らせる自信がある生命保険会社さんは、自社の魅力を端的にメールでご連絡ください。(mail@takahasinorihiko.com)メールをいただければ、目は通しますので。

あ、でも、顧客を満足させるという視点でお願いしますね。大抵の保険会社は、手数料の話ばかりしますから。そこも、もちろんどうでも良くはありませんが、顧客目線が最優先。そして、その結果としてこちらもある程度間に合うぐらい儲かる、という流れが基本であり、当然必要な考え方ですから。どうか、いきなり手数料のことばかり言わないでください。ウザいんでwww

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。