【自動車保険】事故現場で相手と話す際の注意点

   2015/11/27 

過去にあった、現場で賠償の約束をしてしまったケースについて書きます。

そうですね、もう何年も前になりますが、自動車同士の事故で、当時事故現場で、その顧客は、自分が全部悪いものだと、思い込み、そして、その場で「一切の費用を払います」みたいな感じのニュアンスで、相手に言っちゃったらしいんです。

で、後から自分に相談がありまして、「大した事故じゃないので、金額も大したこと無いと思うから、保険からは出ないんでしょ?」と質問をされたんです。そこで、自分は、金額の大小は関係ありませんし、免責も設定されていませんでしたので、「そんなことないですよ」と答えました。

そして、事故の内容を聞き、相手との上述の件も聞いた自分は、お互いの過失について、取り敢えず調べてみました。

そしたらですね、むしろ被害者だったんですよ!!こちらが……。

だもんで、その辺りを顧客に説明をしたら、やはり、

ええええええええええええっっっっっっ!?

っとなりますよねやっぱり……。

それで、結末は、通常通りお互いに責任を取り合いました。

顧客に、法的に妥当な範囲を超えて、「自分が悪くない分も任意に支払う」という意味で言ったのか、聞いたら「そうではない。当然、悪い分についてのみ。」ということでしたから、先方へその旨を説明し、ちょっと揉めましたが、そうしたのでした。

ということで、事故現場では、曖昧な表現であっても、相手に誤解を与えるような言葉は避けるべきです。後々、不必要に揉めることにもなり、スムーズな解決と逆行することになりますから。誰もいいことはないです。

 

じゃあ、なんて言えばいいか。

そうですね。

「保険会社を通して対応させてもらいます」

とか。

「保険で対応します」(うーん、場合によっては誤解を与えるかも……。)

「保険会社に連絡させます」

「保険会社と相談して、連絡させます」

「保険会社と相談して対応させてもらいます」

とか、そういう感じでいいんじゃないでしょうか。まあ、事故の状況によりますけどね。

とにかく、余計なことは言わない。

となると、大体のケースで無難なのは、

「あと、保険会社から連絡させますので」

「あと、保険会社から連絡行くようにしますので」

が、無難でしょうね。

パンフレットなんか見ると「保険会社と相談したうえで後ほどご連絡します」とか、ありますけど、まあ、ちょっと長いんで、上記のやつが覚えやすいと思います。

 

それから、相手から補償の仕方などについて、求められても「実際払うのは保険会社なので、今ここで約束はできません。後ほど、保険会社から連絡させます」というように回答しましょう。

まあ、実際そうですからね。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。