保険会社は傭兵みたいなものなので、神様仏様では決してない

   2016/12/19 

えー、たまになんか誤解をしているような人がいるので、ちょっと書いておきます。

既にタイトルを見れば判るように、これって弁護士なんかも同じなんですけど、金で雇われているだけなんですよね。

ですから、保険会社で代表的なものは、交通事故ですが、この場合も当然、契約者の立場(契約者寄り)で相手と喋ることになるのは当然です。ですし、そうならざるを得ません。

逆にそうでなかったら、むしろ可笑しいぐらいの話です。経営者は、株主の利益のために働きます。スポーツ選手だって、その所属チームの勝利のため観客の満足のためにプレイします。

なので、こういったことは極々当然の話しなんです。

ですが、保険会社に関して言うと、スポーツをしているわけではありませんので、ちょっと勘違いをしてしまう人がいると。

特に一方的な事故だと、被害者は、被害者という認識ですから、人によっては、より、場合によっては過剰にそういう扱いを当然と考えているわけです。

しかし、加害者側の保険会社は必ずしも満足の行く対応では無かったりすると、とても不満に思う、とこういうことになるわけです。

ただね、そこは、ある程度は仕方がない。だって、立場が違いますから。みんな立場立場で、発言や行動が違くなるんです。もちろん、常識的に考えて、暴力的な感じだったり、雑な感じだったり、騙したりというのでは、いただけませんが。

だから、初めから期待をしてはダメなところなんですね。

なので、そういうのが嫌なんだったら、自分の方の保険に請求をするなりすればいいわけです。そして、その保険会社が相手保険会社から回収すると。

加えて言えば、保険会社は普通の民間会社です。ただそれを商売でやっているだけで、保険会社が車を運転し、事故を起こした張本人でも、その家族でもなんでもありません。

たまたま、その人と保険の契約をしていたので、契約内容に則って、それを実行している、ということにすぎないのです。もっと言えば、保険会社は、保険金を払う方がメインで、事故の解決の方は順序的にはサブなんですよね。ついでと言ってしまっても間違いではないでしょう。

現実的には、交通事故解決会社みたいな面がかなりありますが、本来は、そっちはメインではないのです。

だから、保険会社に感情的になってもしょうがないです。なので、そういう前提でいれば、被害者であっても、そこまでイライラしなくて済むんじゃないでしょうか。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。