高齢者の事故が増加、間違いが起きないうちに止めるのも家族の務め

   2015/11/27 

最近本当に感じるのは、高齢者がらみの事故が増えたな、ということです。自分ぐらいの規模のところでもそう感じるわけですから、全体で見るとかなり多いのでしょう。

しかもですね、結構キツイ感じの内容だったりするんです。どういうことかといいますと、高齢者特有な感じなわけです。

もちろん、偶然ということもありますが、しかし、……どうなんだろ、と思ってしまうケースがしばしば……。

具体的なケースをあげましょう。

例えば、

・車同士の交差点での事故。双方とも青信号だったと主張。

・丁字路交差点を曲がるときに、なぜか、道路のど真ん中で停止。(反対車線の)

・事故の時の状況の記憶が殆ど無い

ブレーキとアクセルを間違えて店に突っ込む。

そう言えば、先日もニュースで、ありましたね。

自動車販売店の建物に軽乗用車が突っ込み、展示車と衝突 | レスポンス

この事故なんか、店の目の前に止めていたとかではなく、離れたところからそうなったようですからね……。恐ろしい……。

これ、人が死んでいても不思議はないんですよね。そうなっていたら、騒ぎのレベルも種類もかなり変わってくる話。

ただこれは、あくまでも運良く、そうならなかったに過ぎないので、今後そういうケースが出てくるのも時間の問題でしょう。

ですから、免許を出す側も当然出し方を考えねばなりませんが、免許を受ける側も考えるべきなんです。

とはいえ、必ずと言っていいぐらい「おれは大丈夫だー!!!」という人がいますから、やはりその周りの家族なども考える必要があります。

「おれは酔ってねー」みたいなねwww

じゃないと、本当いろいろな所に迷惑がかかる。人を死なせるなんてのは、当然そうだし。

例えば、事故った場合に、勘違いをしていて、そのまま主張することで、本来の適正な形での賠償が行われない。加えて、示談もスムーズにまとまらず、時間が不必要にかかるとか。

記憶が無いなんて場合だと、もう相手とか本当困っちゃうよね。解決のサポートをするこちらも相当に困る。

もう、その時点で限界ってことなんだろう。

というわけで、日本の文化だと、年上の人には言いづらいんだろうけど、やっぱりこういうことは、最終的には子供とかが言うしか無いから、そこは、間違いが起きる前に、キッチリ子供とかが説得をするしかない。

便利なものを手放す決断というのは、どうしてもしづらいものだが、そこはキチンとしなくてはならない。繰り返すが、本当に間違いが起きてからでは遅いのだから。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。