【火災保険】保険金請求時に見積を取る業者を選ぶ際の注意点

   2015/11/27 

先日、このブログを見て、電話で相談が来たんですけど、あんまり酷い話だったんで、他で同じ悲劇を生まないためにも記事にして共有したいと思います。

相談の内容および経緯

さて、まず内容からなんですが、その相談者の人は、カーポートが災害かなんかで壊れたそうで、かけていた火災保険に請求をしたんだそうです。

で、その時に損害を証明するために損害保険会社から要求された見積書などを提出するために、業者に見積り依頼をしたと。ここまでは普通だったんです。

で、保険会社と相談者の間では、もう入金になるということでしたから、それで完了をしていた話だったわけですが、実際にそのカーポートを復旧する工事を、見積を依頼した業者にやってもらおうと考えていたようです。

が、しかし、当初約束をしていた辺りの時期を過ぎても、待てど暮らせど、一向に連絡はない。だもんで、いつまでも待ってもいられませんから、相談者の方からその業者へ電話をしてみた、というんです。

そしたら、なんか知らんけど、クソミソ(?)文句を言われ、挙句の果てに、「損害保険会社に電話をし、見積を取り下げるから」覚悟しとけ(?)みたいなことを言われたと。

クソミソか分からないけど、すごく怒られたと言っていました。あと、他にもなんか恫喝みたいなことを言われたとか。何言っているのか良くわからなかったそうですが……。

それで、その相談者は何か保険会社に対して、自分は問題が生じるのかみたいなことが心配になって、自分に相談が来たというわけなんです。

自分の回答

の前に、まずは一言言いましょう。笑笑笑笑笑笑。全くもって、その業者がアホすぎて笑いますわwwwwww ホント、アホとしか言いようが無いですね。

話聞いてみるとね、なんーーーーーーーーにも悪くないんですよ、この人(相談者)は。しかも、特にまだ何か具体的な契約をしたわけでもなく、単なる見積依頼しかしていないと。

で、いついつ頃には連絡をくれるって言うから待っていただけで、いつまでも全然連絡がないので、「いつ頃になりそうですか?」的なことを電話して聞いたら、メチャクチャ言われたって、そういう変な話なの……。

だから、かなり相談者は普通なんですよ。だって、これで怒られてもね、何を反省していいのか、人として何を改善すべきなのか判りませんよね。ていうか、無いでしょ!!何も……。

しいて言えば、業者の選択。でも、それはその業者とのやりとりの中での問題では無いですからね。別な次元の話。

なんか、ヒドイ目にあわせてやるみたいなニュアンスで言われたそうですからね……。なぜ……。

で、なので自分はこう助言をしました。

 

全く気にする必要は無いし、保険会社との間でも何の問題も生じないでしょう。万が一、再度見積の提出を求められたとしても、どの道他の業者にカーポートの工事を頼むのなら、いずれにしても取らなければ、なので、普通に見積もう一回とって、再提出すればいいだけのこと。

相談者は何も困ることは無いし、手間という意味でも、言うほどの手間は特にないでしょう。

しかも、見積が取り消されたとしても、保険会社は保険会社で、その見積が妥当かどうかの相場のチェックは普通にしているはずなので、取り消されたからと言って、基本的には問題は起きないと思われます。もしも、起きても上述の通りだし。

もっと言えば、保険金が出ても、それで工事をしなければならない、ということは通常はありません。なので、それでもって、なんか美味いもの食いに行くのも勝手だし、なんか趣味に使うのも勝手なんで。

これまでにも何度か書いてきているけど、保険会社の義務は、保険金の支払いまで、なんです。なので、一部のちょっと特種な例を除いては、普通は、「あとのことはご自由に」という話。むしろ、とやかく言う権利は、保険会社には無いわけです。

だから、取り消しとかなんとかは基本関係なく、その見積が妥当な範囲に入っていれば、それで払うと思われます。というか、そんな電話しないんじゃないかな。しかも、どこの保険会社に出したか知っているのかしら。

というわけで、その業者というのは、個人でやっている人、ということだったので、個人が全てダメとは言わないけど、特に信頼できる人がいない場合は、上場しているような大きなところに頼めば、そういうところは、役所などの監視も強いので、無難(間違いが起きる可能性がかなり低い)ですよ、と助言。

なんかね、その業者は、「普通よりも高い見積で書いて得するようにしてやっているんだ」みたいなことをヌケヌケと言っていたそうですよ。

なので、自分はこう言いました。そういう怪しいところって、結構あって、問題になっているんです。法外な違約金や火災保険の請求を代行している場合は法外な手数料を請求してくることもありますし。

※ ちなみに、保険金の請求代行は、違法(弁護士法72条)の可能性があります。

そしてさらにこう言いました。

「そういう、頭おかしいところは相手にしないで、早く忘れたほうがいいですよ!!!」

「何もいいことはないので」

と。

 

いずれにしても、そこには頼まないということだったので、他のまともなところに頼むのでしょう。

みなさんも、保険金請求の際に見積をとるときには、業者の選択には注意しましょうね。

間違ってもこんなところには……。最悪なだけですから。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。