皮肉にも同じ保険料でも実際は大分サービス内容が違うのが保険の常識

   2016/12/19 

保険業界の常識は、”世間の非常識”というぐらいに変わったところがあるのが、我々の業界。

普通は、料金を支払う代わりに、サービスを利用できる、というのが普通です。もちろん、その業種などによっても差はあるものの、客が支払う料金というのは、サービスや物に対するものです。

ところが保険の場合ですと、そうでもない。

ハッキリしていることは、顧客が払う保険料というのは、間違いなく、いざという時に保険金が支払われるためのもの。なので、その他のものというのは、基本的には全て標準のサービスではないんです。

例えば、

・極めてレベルの高いアドバイス

・親身になって相談に乗ってくれる、とか

・保険金を請求する場合にも、いろいろ積極的に手伝ってくれる

・スピーデイーに対応してくれる

・できるだけ、要望を聞いてくれて、保険会社との調整役を積極的にやってくれる

・つまり、意向を聞いて、それができるだけ叶うよう話してくれる

というようなことをやってくれるところもあれば、ほとんど何もしてくれない。保険会社とは直接喋ってください、みたいなところも実際少なく無いだろう。

そもそもとして、”保険代理店を専門にやっているところ”というのは、数から言ったらかなり割合的に少なく、その他はみんなついでにやっているようなところ。なので、もし仮に気持ちはあっても、そんなにレベル的なものは期待できないだろう。

よく考えてみて欲しい。どんな業界でも「専門店」と「何でも屋」や「いくつかやっている所」と別れるもので、例えば、食い物屋なんかでも、何でも屋とまでは行かなくても、いろいろやっているところにそこまでのレベルを期待する人というのはいないもの。

保険も結局は同じ。まあ、それといろいろやってくれるかは方針の問題もあるので、別な話でもあるのだが……。

しかし、他とは違う点がある。普通は、専門店だと美味しい代わりに値段が高かったりするもの。料理屋なんかはその典型で、本格的な寿司屋と、そうでもないところでは、全く違う話。なので、そこでバランスが取れてくる面もあるわけだ。

しかし、保険は違うのである。むしろ、生保なんかで言うと、高かろう悪かろうみたいなものも普通に存在する。存在できていること自体が「おいおい」と思うのだが……。

ただ、そういった例を除けば保険の場合は、補償料としての保険料なので、似たような内容なら、通常はどこも保険料も似たようなものなのだ。これは損害保険の場合は特にね。

しかし、サービス内容はいろいろ。あくまで任意のサービスだからね。

そういう意味では、上述のようないろいろと充実したサービスを任意にやるような保険代理店で保険に入った方が圧倒的にお得なのである。

逆に言うと、同じ料金(保険料)を支払っていても、真逆なところも存在するわけなのだから、そういうところに頼んでいる人というのは、非常に損ということが言える。

まあ、しょっちゅう事故があるという人というのは、普通はいないので、性質上目立ちづらい。でも、どうせならお得なところに頼んだほうがお得であることは間違いない。そして、楽だし、安心。

とは言え、先日話した顧客も言っていたが、見分けがつかないと言っていた。契約前に具体的に質問をして確認をすればある程度のことは判明すると思うが、それでも実際は、一定期間契約して実際に体験してみないことには判らないもの。

なので、今後もこうやって記事を書いていこうと思う。

あと、専門にやっている保険代理店でも、何が得意というのもそれぞれ違う。相談する際はその辺も注意が必要だ。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。