わたしが自動車保険の“不要と考える特約”について

   2015/11/27 

まあ、自動車保険に限らず「なんだこれ」と思う特約って、チョイチョイあるのだが、今回は、“自動車保険の”ということで書いてみます。

たぶんどこの保険会社も似たり寄ったりなので、同じような傾向なんだと思うけど、必ずぐらい、「え」と思う特約が存在するんですよね。

うーーーん……

みたいに、思わず唸りたくなってしまうような、およそ意味が無い、金の無駄、と思えるものです。

保険会社としては、差別化とかの意味で作っているようなんだけど(建前上は)、自分には全然理解が出来ない。これは、単に好みの問題でもなく、大半の人は、“合理性”という点で考えれば、殆どの人が同じ結論だろう。

なんかね、保険会社の人って喋ると、みんな“該当する確率が高い”みたいな前提で喋って来るわけねwww

自分は逆だから。(というか、実態として)

基本的には該当する可能性はいずれも低くて、しかし、入っておかないと、もしも不幸にもそうなった場合に“自分の経済力では到底どうにもならない”ようなリスクに対してだけ、利用価値があるサービス。なので、そうじゃない場合は、ただ勿体無いだけの仕組み。

という認識だから、全然彼らの口から出てくる言葉に説得力を感じないわけです。

もちろん、商売なのも解るけど、それでも、実際の現実と違うことを言っていても説得力はないし、ユーザーの役には立たない。なので、信頼もされない。と残念な流れになるので、やっぱり、商売でも(むしろ、だからこそ)実態に合った論理・考え方でやる。つまり、まともなことを言っていく(やっていく)というのは当然のことである。

さて、前置が長くなりましたので、この辺でもう少し具体的な辺りを。

上述のように、基本的に保険という仕組みは、該当する確率が低いものに対して、保険会社は料金を貰って、補償する仕組みです。ですから、当然、その前提で助言をしています。

その上で言うと、例えば、“なんとかサポート特約”とか、“なんとかアシスト特約”とか、良う判らんものがありますwww

これだけだと、なんのことか判らないかもしれませんね。要は、余計に入院費が出ますよとか。同介護費用が出ますよなど、“余計に◯◯費用”がこれだけ出ます、という類のものです。

昨今もなんか出ていましたが(正確にはリニューアルだか、バージョンアップみたいな感じだったか)、全く興味ありません。もちろん、個人的な好みではなく、ユーザーに対していいなとか、こういうタイプの人にいいな、ということを思わないという意味です。

むしろ、「ああ、またか……」という感じでしか有りません。

しいて言えば、合理的とか関係なく、保険の仕組みを理解した上で、それでもマニアなので、入りたい、というぐらいの別次元のタイプの人には(ぐらい)いいでしょう……。でも、そんな人ってまず……。

繰り返しますが、なる可能性ってかなり低いんですよ。じゃないと成り立たない仕組みですから……。ちなみに、そこに儲けものっているわけです。

なので、本当、最悪困らないぐらい出るようなぐらいで、入るのが一番合理的で、あとは好みの世界なんです。

あと、日本には世界に冠たる公的制度もあります。健康保険。介護保険など。その分高いですが……。

そして、普通は、基本補償の部分から、あらまし出るわけです。

そう考えると、あれもこれもどれも、どんだけ入るの?という話でしかなく、普通は、基本補償(人身傷害)だけ入ったらたくさんですよ。額的な問題なら、無制限とかにしたらいいんです。

どうせ、無制限なんてしても、そんなに高額なケースは少ないので、大して保険料変わらないですから。

というお話でした。

繰り返しますが、確率的に該当する可能性は低いんですからね。あとは、よく考えてみてください。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。