気持ちは解らなくないけど、事故って保険で対応するのに賠償額がいくらになるか、とか考えてもしょうがないという話

   2015/11/27 

たまにですが、保険で支払うことになっているのに、相手への支払額について過剰に神経質な人がいます。なもんで、今回は、その辺について、気にしてもしょうがないということを、書いておきます。

 

まずはじめに言うと、事故の状況とか物損だとか、人損だとかいろいろ考えられますが、いくら払うかは、基本的には、払う人が考えることなんです。当たり前です。

ということは、保険でやる場合は、保険会社がその人です。まあ、訴訟とかなら裁判所が勝手に決めるので、あれですが、当事者による解決の場合は、そういうことです。

「払う額は払う人が考える」。もちろん相手との合意の問題もありますが。ここは、誰でも割と理解できるところだと思うんですよね。

 

それから、支払額によるユーザーの損得。これはですね、基本的に自動車保険についても何にしてもそうなんですけど、実際上の事故の有無ではなく「使ったか、使わなかったか」しかないんです。なので、契約の時に、前契約の「事故件数◯件」とかありますけど、本来は、「ご利用回数◯件」の方が実態にあっているし、解りやすいんですよね。

ということは、仮に、アホか?というぐらい相手に保険会社が賠償金を払ったとしても、ユーザーのお金の面での損得は変わらないんです。(全体の保険料アップには影響しますが。)

なので、そういう意味でも、「払う額は払う人が考える」ということになります。もしも、損得に絡むのなら、権利の有無は契約内容によってくるとしても、口を出したくなる気持ちは解りますが。まあ、もっとも等級制になっているのは自動車保険ぐらいなので、引受けの審査の問題はあるにせよ、他の保険では通常「使ったから上がる」ということ自体が普通はないことですが。

 

それから、特に年輩の方の人に多い気がしますが、やたら感情的になっていたりする。繰り返しますが、気持ちは全く解らないわけではないですよ。しかしね、事故っちゃったんだからしょうがないんですよ。

事故ってから言ってみてもダメ。特に、自分の方が一方的な場合は特にwww

あと、人によって価値観とか状況とか、考え方とか違うわけですから、だから、法律なんですよ。で、法律では、基本的に金で解決(金銭賠償)ということになっているわけですから、もう感情はできるだけ入れずに、さっさと払うもの払って終わらす、これしかない。以上でも以下でも。

感情的になってみたところで、何もいいことはない。なったところで貴方の思うようにはいきません、相手有ることなんですから。しかも、そういう人に限って、妥当なラインでも、個人的な感覚で、多いの少ないのと言いたがる人がいる。

なので、なんか「たかられたくない」「ボッタクられたくない」みたいな気持ちは解りますけど、

・賠償の額でユーザーの損得は変わらない

・相手とは普通2度と会うことはない

・払う額は払う人が考えること

という辺りを考えると、早く忘れて、毎日楽しい時間を過ごすことだけを考えたほうがいいですよ。なので、この前もそういう風にあるお爺さんに、言いました。「心配はいらないから、そんなこと考えていると体に悪いから、早く忘れて、毎日を楽しんでください」と。

あと、そういう時に説明をするんだけど、そんなね、仮に請求されたからって相手の好きな額を払うわけじゃないですからね、そんな思うようには行きませんよ。妥当なラインというのはあるし、むしろ、民間なんだから、損害は少なくという考えが働くわけで……。

そりゃあ、人身事故とかで、大したこと無くても、粘ってマメに病院に通えば慰謝料の額とか多少変わってくることは事実だけど、まあ、それだって限界があるから。

いずれにしても、ユーザーは考えてもしょうがないことだよ。というか、人ってこういう時によく解るよね。全くの加害者だったとしても相手への誠意の欠片も感じられない人はいるからね普通に……。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。