「損害保険トータルプランナー 髙橋 則彦のちょっと使えそうな話 平成27年11月号(50)」

   2015/11/27 

※ このエントリーは、主にわたしの顧客に対して毎月月刊で発行しているニュースレターのWEB版です。ですので、そもそもは、わたしの顧客に向けて書いているものですが、ネット上に普通に公開していますので、誰でもお気軽に御覧ください。

今号のラインナップ

1 近況について

2 書評コーナー

3 グルメコーナー

4 わたしのオススメサービス

5 アウトドアコーナー

6 おわりに

1 近況について

どうもこんにちは。髙橋 則彦です。なんか今年の秋はヘルなんとか現象の影響とかで、通常よりも寒くなって、そして、冬は暖冬とかって話でしたけど、実際そうでもないですね。むしろ、例年ではコートを来て行っていたところに、今年は着ないで行ったりしているぐらいですから、むしろ暖かいんだと思います。

というか、温度差が激しすぎますよね。そう思うと、やはり風邪をひいている人があちこちに。自分は、体調管理の技術が上手くなったらしく、結構大丈夫です。身体を鍛えるとか、食事とかまあ、そういうのももちろん重要ですが、やっぱり、「疲れたら休む」ということが基本ですね。

ただでさえ、こういう季節の変わり目は、身体もついていかないので、体力の消耗が激しくなります。従って、スマートホンなんかで言うところの、充電が少なくなってきたら、小まめに充電をするっというようなイメージで、疲れたら早め早めの充電が体調管理という意味でも、日々を気持ちよく過ごすという意味でもポイントとなるでしょう。

おかげさまで、調子が悪い時は少なく、結構いつもそこそこのレベルを保っています。なので、機嫌もいつもそこそこいいですwww 最近では、身体を充電すること自体が楽しくなって来ているんですよね。

というわけで、身体を壊しやすい時期ですので、ご注意ください。

2 書評コーナー:不毛地帯を読破しました。

不毛地帯 第一巻
B0099FMQYU

言わずと知れた山崎豊子さんの名作「不毛地帯」全5巻を読破しました。

一巻一巻もかなりのボリュームなんですけど、凄く面白く、読み応えのある作品です。実際に世の中に出たのは、かなり前で、自分が生まれる少し前でしたから、ある作家の言葉を借りれば、「自分の生まれる前に出たものは全て古典」ということですので、本作も自分にとっては古典の部類に入るでしょう。

話の概要を簡単に言いますと、主人公は、元軍人が商社マンとして活躍する話です。

それも、エリート軍人。元大本営の作戦参謀として活躍していたわけですが、ご承知のように戦争に負けましたから、そのままシベリアで、11年ほど抑留の身となります。

途中でソ連側証人として、極東軍事裁判にも出廷します。その当時のこともかなり詳しく書かれていて、かなり凄まじい状況が伝わってきます。

で、日本に帰ってきて3年ほど経って、商社からスカウトされ、考えた末勤めることに。

その後は、いろいろな仕事を手掛け、いくつもの大きな実績を残し、当時主人公をスカウトした社長と一緒に、引退。(社長は、相談役に。本人は、完全に退職。)

最後は……目的があって、散々嫌がっていたソ連に行きます。

自分は、初めはドラマで見たんですよ。確か、フジテレビでやっていた、何周年特別企画みたいなやつ。それで、ハマって、いずれ本もと思っていたんですよ。

本当に凄い読み応えでした。抑留されていた辺りよりも、商社マンとして、バリバリとやっているシーンが凄く面白かったです。

ダメになりかけてもなんとか突き進んで、結果を出していく。その時の心情とか、とても引き込まれました。主人公の最後に担当した仕事が成功したときなんてもう、それはそれはもうホント「グッ」と来ましたよ。思わず叫びたくなりました。そこに至るまでもドキドキハラハラの連続で。

読んでいない人は是非どうぞ。

また、いずれ読み返してみたいと思います。

3 グルメコーナー:宅麺.com がマジでハンパ無かったという話

Facebookを眺めていたら、宅麺.com がどうとかって記事を見かけたので、気になってちょっと読んでみたのが、きっかけです。

なんせ、素晴らしい再現具合だということで、とても興味を持ちました。速攻で、「宅麺.com」のサイトを訪問。いやー、凄いですね。衝撃を受けましたよ笑

参考:http://www.takumen.com/

全国の名店(たぶん)がずらり、ランキング形式とか、ジャンルごととかいろんな角度から見ることが出来るようになっていて、しかも見やすい。そして、ジャンルも豊富で、普通のラーメンから、つけ麺、二郎系まであるんです。

喰い道楽の自分としては、もうすっかり早く試してみたくなりました。というか、近頃は、地元では特に行きたい店というのが無くなってしまっていたところで、もちろん好きな店はあるんですけど、どんなに美味くても、何回も食べていると人間飽きるわけじゃないですか。

なので、そろそろ新しい味を体感してみたいと思っていたんですよね。これは、食べ物に限らず、本だとか、映画だとか、あらゆるものでそうですが、初回の感動と比べると、2回目以降はどうしても弱くなりますからね。人間良くも悪くも馴れてしまう。

さて、そんなわけで、もうホント直ぐに注文してみました。注文の際の登録もソーシャルログインで、出来たので簡単でした。快適w

で、今回注文したのは2つ。

・雷本店雷そば(840円):https://www.takumen.com/products/18

・中華蕎麦 とみ田つけそば(930円):https://www.takumen.com/products/295

です。商品内容は、それによりますが、麺とスープに具まで入っています。チャーシューとかメンマとか。物によってはキャベツなんかも笑

自分は、一つは二郎系で、もう一つは、つけ麺を注文しました。割引クーポンが初回300円分貰えたんで、送料込みで、2,386円。

高っ!?とか思いましたか?

でも、これって何と比べるかなんですよね。このクオリティで、しかも店に行って食べたと思えば、全然高くありません。

家に居ながらにして、美味いラーメンが食べられる。品物は、夜注文して次の次の日に届きましたが、麺も何も冷凍で来るんですよ。カッチカチに。

それを単にそのまま茹でるだけなんで直ぐ出来てしまいます。しかし、今どきの冷凍技術は改めて凄いと感じましたね。本当に、店って感じ。

二郎の方を先に食べたんですけど、もやしとキャベツをてんこ盛りにして、あとニンニクをトッピングした方がいい的なことが書いてあったので、それをトッピング。

大満足でした。ハンパなかったです。すっかり気に入ってしまいました。そして、おそらく当分家でばっかりラーメン食べることになりそうです。

帰りの運転がないので、もちろんお酒も飲めます。あと、他にもサラダとか揚げ物とか、おかずを一緒に食べることで満足度がより高くなりましたwww

あとですね、まあ、それなりの量はあるし、そればっかりでも何なので、3人で食べたんですよ。

なもんで、他にも多少おかずは食べていますが、もやしとかキャベツなんて知れたものなんで、実際に店で食べるよりも安いんですよ。これにさらにガソリンがどうとかも考えると一層。

とても良い食べ方だと思います。おすすめなんで、是非試してみてください。

宅麺.com:http://www.takumen.com/

それと、手書きの手紙が凄かったです。今時珍しいので率直に衝撃を受けました。

最後に写真を載せておきますのでご参考にどうぞ。

Jpeg

こんな風にクール宅急便で来ます。

Jpeg

開けるとこんな感じで、浮袋みたいなので優しく保護されています。

Jpeg

こういう風に入ってくるわけです。いきなり食欲をそそります。店主の顔なども出ていて、どっちから食べるか、顔で決めましたwww(半分本当です。息子がこっちの顔が良いと言うことで笑)

Jpeg

はいっもやしです。ほぼもやし笑 二袋ですから笑笑 あの、これやるとき、フライパンにガバッともやしとかキャベツとか野菜を入れて、いくらか水入れてフタして蒸すといいですね。味という意味でも、時短という意味でも。

実は、もっと写真を撮ったんですけど……なぜか撮れていませんでした……。

4 わたしのオススメサービス:ちょっと今更ながらミュージックアプリ「AWA」がいい感じ

ミュージックアプリが、昨今色々とスタートしていますが、自分は最近まで何も試していませんでした。

が、ちょっと気になり出しまして、少し調べてみることに。

そしたら、総合的に見ると、なんかAWAが良さそうだったんで、取り敢えず使ってみることにしました。

これです:https://awa.fm/

エイベックスとかサイバーエージェントでやっているやつですね。

他には、LINEミュージックとか、Apple Music とか、Googleミュージックとかも検討したんですが、最終的にAWAに。

以下に、いいと思った点を挙げます。

・無料期間終了後、自動的に有料プランにならない

・登録不要

・プレイリストのセンスがいいらしい

という大体3点です。

他は試していないので、なんともなのですが、結構、日々ニュースとかブログとかを見ていますと、何もしないと、無料期間後、自動的に課金になってしまうというケースを見ます。

Appleとかは完全にそうみたいですね。何か操作が必要だと、盛んにFacebookで、流れているのを随分見かけました。頼みもしないのに、注意喚起を促してくれる人がいるのは誠にいい時代。本当にありがたいです。

まあ、最もそういう人のアカウントをフォローしていなければアレですが……。

で、実際使ってみてなんですけど、かなり良かったです。

無料期間はタップリ3ヶ月もあります。元々そんなに常に音楽漬けな方でもないので、果たして、3ヶ月後に引き続き使ってみたいと思うかどうかは判りませんが。

アプリの操作性とかもいいですし、好きな曲をダウンロードしておいて、オフラインでもOKな点もいいですね。まあ、自分の使い方だと、キャンプとかでもなければ、面倒なので基本オンラインで充分ですが。

で、一番いいと思ったのが、シーン毎に曲を選べるようになっていて、それがなかなか良かったです。例えば「リラックス」とかあるんですけど、本当にリラックスできます。という感じで、そういうのがいくつもあるんです。

たぶん、そういうヤツのことだと思うんですけど、他のアプリだと、それのセンスが今一というコメントをみました。それは、使う側にとって、ダメですね。

リラックスしようと思って選んだヤツが、逆に……とかまでは行かなくても、ちょっと違うようなものばかりだったらいただけません。

そして、登録不要というのも最高。アプリをインストールして、開いたら直ぐに使えます。こういうの凄くいいです。

というわけで、「自動更新にもならない」「登録もいらない」という非常に面倒がないサービスです。

多少の登録はともかくとしても、あとで、不要の場合手続きをしなければならないというのは、面倒臭すぎますからね。これまでの常識だと、それが普通だった感じがありますが、ですが、面倒なのは事実だったんで、とてもいいです。

で、手続きをしないと、無料プランに移行します。無料プランでも少しは使えるようです。

有料だと、月960円のプランと、360円の2プランです。

違いを見たところ、360円の方でも自分は充分そうでした。それなりの中身はあるようでしたよ。

なので、3ヶ月後有料で利用するとしたら、取り敢えず360円のプランからという感じになりそうです。

オススメなので、取り敢えず試してみてください。上述のように後々面倒臭くありませんし。この点もオススメwww

Google Play
apple-horizontal-iconv2._V337924569_

5 アウトドアコーナー:半田山自然公園キャンプ場

先月の連休のときキャンプに行ってきました。今回そこが地味に良かったので紹介します。

割と近くだったんですけど、初めて行きました。しかし、今年は行ったことのない所ばかり沢山きましたw それもいいとこに恵まれました。安くて、キレイで、薪がタダで使い放題だったりとか。ありがたい。

さて、今回ですが、「福島県は伊達郡桑折町」ってところの「半田山自然公園」の中にあるキャンプ場なんですけど、ここがなかなかでして、タダみたいな値段で、2泊して参りました。ネットで適当にググッてみつけたんですけど、盲点でしたね笑

このキャンプ場などの詳細は、桑折町のサイトに出ていました。

http://www.town.koori.fukushima.jp/site/kankou/handa-shizen.html

利用料は、テント持ち込みだったんで、600円だけ。2泊なんで、×2のみ。なんか事前にここに行った人の情報をネットで見たら、他の名目でさらに500円かかったようでしたが、自分の時はありませんでした。

あと、バンガローなんかも4,000円ぐらいから泊まれるようで、たぶんこれ、1人じゃなくて、1棟の値段なので、4人なら、1人1,000円ぐらいということに……。破格……。

あと、周りの便はと言いますと、車で少し行けば、そこそこのスーパーでもコンビニでも大抵のものはあります。あと、風呂ですけど、それも割りと近くに「うぶかの郷」がありますので、バッチリです。

建物もお風呂もキレイだし、値段も250円とか350円とかやっぱりこちらもタダみたいな値段で入れますwww 希望なら宿泊も可能なようでした。(福島県伊達郡桑折町大字南半田字川端22

というわけで、半田山自然公園キャンプ場。日帰りでもいいし、泊まってもいいしと、何かと使い勝手はあるので、良かったら利用してみてください。自分もまた行きます。

あ、最後に写真をどうぞ。まあ、ちょっと撮影した時は天気がアレだったんですけど……。

IMG_0679

IMG_0677

IMG_0676

IMG_0675

IMG_0674

IMG_0673

IMG_0659

IMG_0657

IMG_0671

IMG_0668

IMG_0662

6 おわりに

えー、今回はネタが結構有りまして、グルメネタとか、おすすめグッツネタとか結構他にも書きたいことがあったんですが、書ききれなかったので、また次回以降に書いていきたいと思います。

ところで、少々仕事の話をしますと、我々の業界っていうのは、以前は値上げになるからと言っても、駆け込み需要みたいなものは、感じなかったんです。ほぼ。

他の業界を見渡してみますと、住宅だとか車だとか、食料品、家電と結構ありますよね。いずれも現実的に解りやすい生活に直結しているものですが。

が、しかし、我々の保険業界はそういう感じでは無かったんですが、この頃少し変わってきましたね。昨今の火災保険の改定なんかに関しましては、テレビとかでも結構やっていたらしい(テレビを全く見ないもので……)こともあってか、結構問い合わせとか、相談がありました。

やはり、こう頻繁にそれもそれなりの度合でなんでもかんでも上がっていくと、そりゃー流石に、保険みたいなレジャー的な楽しい系のジャンルのものでなくても、気になってきますよね。

というわけで、時代は保険業界も変わってきたのかもしれません。今まで来なかったような類の相談とかも来るようになりましたしね。

ただですね、新聞なんかでは、「平均◯%の値上げ」とかやってますけど、実際はフタを開けてみなければ、個別にはハッキリしないケースが多々有ります。

どういうことかと言うと、ケースによっては「ガッ」と上がったり、ケースによっては「ガッ」と下がったりみたいなことが普通にあるんですよ、今時は。

従って、注意しないと、上がるからって(思い込んで)、その前に再契約した方が「損」というケースが普通にあります。良く比較してから、再契約なりなんなりをするようにしましょう。

まあ、自分が担当する場合は、その辺は言われなくてもキッチリ一応試算をするんで、変なことにはならないんですけど。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。