保険会社は何でもかんでも示談交渉してくれるのか?

   2016/12/19 

たまに誤解をしている人がいるので少し書いておきましょう。

損害保険会社と言えば、示談交渉というイメージがあります。保険(お金)という機能はもちろんですが、そこを期待して入っているという人は多いでしょう。

ですが、実際ですね、何でもかんでも対象になるわけではないんです。これには、保険会社ってそもそも何の商売をしているところなの?という点が絡んできます。

加えて、示談交渉を請け負うことには、法律の規制があるんです。ですので、実質的には、保険会社は示談交渉を請け負っているような実態はありますが、形式的には、そっちは次いでなんです。

つまり、その法規制があるので、仮にそちらをメインにしたいと思っても現行の仕組みでは無理なんですね。なので、どういう建前でやっているのかというと、「自分の払う金は自分で話をさせてくれ」といったところです。

従って、

・保険金の支払対象になるものについて

・尚且つ契約上、示談交渉サービスが付いているもの

が、示談交渉の対象なんです。

あとは、本来相手が払うべきものを自分の保険に請求をして、要するに、保険会社が立て替えたような形になった場合です。その場合は、ちょっと感じが違いまして、その人の持つ相手への損害賠償請求権を保険会社が代位取得するので、相手へ回収するということですが。

ちょっとマニアックな話になりましたが、要するにタイトルの問についての答えは、何でもかんでも対象になるわけではありませんよ、ということです。

先日もそういう系の問合せが有りましたが、なんか対象になるものもならないものも、何でもかんでもなると思っている感じでしたからね。というか、そういう以前として、対象になるものとならないものがあるという感覚すらないようで、保険に入っていれば何でも言えばやってくれると思っているような節を感じられました。

あの、つまりですね、全て契約に基づいての話なんです。ですので、原則としてそれ以外は全て対象外。あるとすれば、任意のサービスです。

なので、正式に相手と交渉したりということは、対象外のものは基本的にあり得ません。

あとは、そういう場合うちなんかだと、相談にはサービスで乗ったりしますが。トラブってんのに対象外=直ちに、対象外なので、知りませんでも、ちょっとなんですので……。

ですから、それは任意のものですから、本来はやらなくても、文句を言われる筋合いのものではないんですけど。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。