保険ショップの活用にあたって気を付けたいこと

   2017/10/19 

保険ショップを利用するにあたってのポイントなんかを書いて欲しいという執筆依頼が来たんだけど、検討の結果お断りしました。理由としては、いくつかあるけど、そもそもポイントったって……。そんなに各ショップで違いがあるとは思えなかったもので……。

なので、その検討にあたり思ったことがあったので、活用にあたってみなさんの参考になりそうなことを書いておきます。

 

保険ショップは、大抵、少なくても10何社とかの保険会社の保険商品を取り扱っているのが普通です。従って、どこの保険ショップに行っても、選べる商品自体は大体同じものがあると考えられます。

つまり、Aショップで入ってもBショップで入っても、全く同じ保険を同じ内容で入れば、原則として同じ保険料となるのです。保険はどこも定価販売だからです。

さて、なので、保険に入る場合には、入りたい内容が決まってさえいれば、どこのショップに行っても、「この内容と同等な感じで各社比較してください」と言えば、どこが安いのかとかは直ぐに判明するでしょう。

というか、国内社とかじゃなければ、そう差はないはずですが。

従って、保険に入る時に最も重要となるのは、何をどのぐらい入るか?という点です。

そうすると、それを合理的に情報提供やアドバイス含めてやってくれるところがいいところ、と通常なるでしょう。

ただこれって言うのは、そこのショップの方針や担当者の個人差が出るところなので、実際に体験してみて、担当者ベースで評価しないことには、言いようがありません。

 

ただ、自分にとってのショップのイメージって言うと、実際あんまりいいイメージがないんですよね。

ひたすら、手数料の高い保険商品を提案するところ、というイメージ。昨今もそれがあまりに極端だったもんで、当局にも目を付けられ、法改正になった経緯が有るぐらいですからね。

それだけ、当局としては、悪質。情報弱者をカモにして、騙しまくっていた。搾取しまくっていた、と判断したのでしょうね。つまり、ユーザーの保護が必要だと。

まあ、自分的には法改正までは必要だったのかと疑問ですが。

あと、以前同業者の集まりに行った時に、直にあるショップの店長をやっている人に聞いたことがあります。そしたら、予め、火災保険は◯◯、自動車保険は△△とか、相談を受けた際の提案候補がショップとして決まっているという話でした。やっぱりね……。

で、どういう基準で候補が決まっていくのかというと、もちろん……、「手数料の多さ」だそうです。どこどこは、◯◯%ぐらいはありますからねぇ、とか言っていました。

 

その候補となる商品が、ユーザーにとって合理的なものであるのなら、次いででもなんでもいいでしょうがね……。まあ、そういう偶然はなかなか……。

というわけで、ショップってそういうとこなんですよ。みんな目先の金儲け優先。大体、そのために企業が投資して、フランチャイズ契約するわけですから。そこに、ユーザーを喜ばせようとか、感動とかそういった考えは無いですよ。

あるとすれば、目先の金儲け。じゃなかったらそんな「手数料の多さ」で、提案候補を決めませんよ。昨今問題になったA社の商品にしたって、国内生保の保険料ほどではなくても、高めであったはずですし。

というわけで、ショップはそもそも相談に行くという活用の仕方よりも、予め入りたい内容が決まっている場合に、各社の比較とか。内容も保険会社も決まった場合に保険に入るための場所、という使い方がいいでしょう。

つまり、相談をしに行くところではありません。

 

以前、担当していた顧客の例ですが、充分なぐらい他所で入っているのに、ショップに行ったら、もっと入った方がいいと言われたそうです。生命保険以外の部分で、公的な制度やその他の面を考慮すれば、少なくて済むものを、そういう辺りを考慮しないで、提案してくるようですね。

結局そうしないと、儲からないから、みんなそういう提案の仕方をするんですよ。なので、保険ショップは使い勝手が無いとまでは言いませんけど、自分としては保険ショップへの相談はススメません。行くなら、カモられないように気を付けて行った方がいいですよ。

しかし、みんな目先の利益追求に熱心だよなぁ。。。全く理解できない。何が楽しいんだか。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。