【最近の事例紹介】保険会社と直接喋るのはオススメしません

   2016/12/19 

最近改めて思ったので、書いておきます。

以前からある程度、認識をしていることではあるんですが、最近保険会社の人と喋っていて、改めて感じたことがありました。それも頻繁に。なので、ユーザーはその辺について呉れ呉れも注意をした方がいいと思うんですよ。最悪な思いをしますから。ストレスMAXみたいな。

笑いごとじゃないんですよ。ホント。

で、なので今回は自分の体験した事例紹介です。最近、いくつかの事故の件で、保険会社の事故の部署の人間と喋る機会がありました。そこで思ったのが、

・話を聞かない

・質問に答えない(答える気がない)

・コミュニケーション能力が低い

・言語能力が低い

・ヤナ感じ

・個人差が激しい

と、こういったところです。一見するとクソミソやん、みたいな感じですが、事実なんで。

いい人はとても良いんですよ、ハキハキと。ソフトだし。話が直ぐに通じる。当たり前ですが、ちゃんと何を言いたいのか、何を聞きたいのか、耳を傾けて、しっかり聞いてから回答する。それもムダのない感じで的確に。気の利いたコメントや質問もあるし。

しかし……、そうじゃない人だと、メチャクチャ……。全く話にならない。というか、通じない。凄く面倒臭いんです。

こちらが質問をして、答えて欲しいことを引き出すのにとても長いやり取りが必要で、とても時間がかかる。まあ、これっていうのは、必ずしも保険会社だけに限った話でもないのですが……。

なので、まともな人とまともじゃない人の差が激しいんですよ。

 

で、取り敢えずなんですけど、保険とかその周辺知識がある人間が喋ってもこれなんですよ。もしも、ユーザーだったらどうなんでしょうね、という話で、考えただけでも、「満足」とは程遠い世界。

ちなみに、先日では、一応責任者を名乗る人物でも最悪レベルでした。全っ然話を聞かない。思わず、

「話を聞かずにどうやって話をするんですか?」

「どうやって質問に答えるんですか?」

と言ってしまった程です……。

話を聞かなければ質問内容が判るはずがないので、答えられるワケがないんですよ。まあ、その人は最終的に答えなかったんですけど……。そういう人に最近立て続けに当たりました。

あんまりヒドイと、電話を他の「普通の人」に替わるように言います。その責任者を名乗る人間にも、そう言いました。会話が成立しないもので、仕方なく……。

 

というわけで、ユーザーは、ストレスになるだけ(あと、時間の無駄)なので、保険は、気の利いた保険代理店から加入するようにして、何かあったら、その代理店担当者に喋って貰うようにしましょう。折角なんでフル活用を。

ホントこんなの自分がユーザーだったらシャレになりませんて。保険にしても何にしてもサービス利用するのに、こんなストレスがあるなんて、話にならない。普通気持ち良くなかったらダメでしょ。

なので、自分がユーザーならそうなりたくないので、できるだけ気持ちよく利用できそうなとこに当然頼みます。ていうか、自分も保険入っているわけだから、ユーザーだった。。。。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。