【自動車保険】事故現場で得た相手からの賠償の約束に意味はあるのか?(口頭編)

   2015/11/27 

近頃なぜか立て続けに、事故現場で賠償の仕方について言及をした、というケースに遭遇しましたので、こういったケースについて記事にしておきます。

さて、みなさんはどう思いますか、こういったケース。というか、最近の日本人はこういうことについて、なんとなく解っている人が多い感じなので、あまり無いんですが、なぜだか知らないけど、この頃続いたんですよね。

で、こういうケースでは、一方から、

「全部修理代は持ちますので」

「こちらが悪いので、責任はこちらで全部とりますから」

とか、要は、全ての損害を一方でみる的なことが現場で言及されて後々問題になるんです。

 

そして、この場合はどういう責任を負うのかというと。基本的には、理論上はそれで契約が成立しますので、言った通りに賠償する義務を負います。

さらに言えば、それが、法律上の責任と一致をしている場合は、問題は特に起きませんが、していない場合に問題が起きるのです。

つまり、どういうことかというと、本来法律的には、負っていない損害まで、任意に責任を負うという契約をしてしまっているわけで、本来は、仮に相手から要求されても応じる必要のない部分まで任意に応じる契約をしてしまっているからです。

そうなるとどうなるのかというと、通常自動車保険の賠償保険の約款は、法律上の責任がカバーされる内容になっています。まあ、通常というか、法的な責任がない部分まで、勝手に相手と約束してきて、カバーされる保険というのは無いですが……。

なので、任意の部分までは「保険からは出ない」という問題が起きるのです。

 

で、実際のこういう場合の実態はどうなっているか。

みんなしらを切ります。

あとは、お決まりの言った言わないの世界に……。

こうなるとどうしようもないんですよね。だって、どちらが本当のことを言っているのか判断する術がありませんから。証拠がない。そうなると、勝手に言っているレベルでしかないんです。

なので、近頃そのいずれの場合でも、当時口頭で約束があったという話題がでましたが、なんの意味も持ちませんでした。

この場合、実際約束があったのかなかったのか判断できませんが、どういう言葉を使ったかは判らないですが、無かったのにあったという話が、そう毎回出るとも思えませんので、実際はあったケースも確実にあるのでしょう。

 

しかし、こういう時にその人の人間性が判りますよね……。いい大人なんだったら、自分の言ったことぐらい責任を持ったらどうかと思いますが……。しかも、あるケースなんか、その保険会社で持てない部分が、2万円ぐらいなんですよ……。勉強代だと思って払ったらどうかと思いますが……。

まあ、人間こんなもんですね。いい大人だからこそ逆にそうなんでしょうねぇ……。で、その件では、最終的に足りない分を、本人が相手本人から直接取り立てるということになりました。

ただ、実際約束があったことを示せないわけですから、法的手段は困難。なので、「恐喝にならない程度に言ってみるしかないですよ。相手が明確に事実を否定し、支払う気はない(義務はない)と主張されたら、それ以上はどうしようもない」とアドバイスをしました。

 

というわけで、実態はこんな感じです。

が、でも、揉めるだけですし、約束を取り付けた側も迷惑するだけなので、呉れ呉れも約束はやめましょう。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。