最強の保険について考えてみた

   2016/12/19 

保険に入る目的というのは、基本的にはリスク(問題)に対する準備です。つまり、そうなった時にダメージを抑えるということですね。

ですので、その意味で言えば、保険会社の保険商品に入る、以外でもある種の保険的なものは世の中、いろいろあるんです。

例えば、朝寝坊しないために、目覚まし時計をかけるとか。足りないと困るから、ご飯を少し多めに炊く、とか。つまり、◯◯だから、◯◯しないために、なっても大丈夫なように、✕✕をする、と。

なんだか回りくどくなりましたけど、先日そんな視点で、保険について考えていて思ったことを書きますね。ちなみに、自分は、この保険の仕事を始めてから大体10年ぐらいなんですけど、始めた時から、「保険って、必要なのか?」ということについて、ずーーっと考えています。

結構、割りといつもそういうことが頭にありますね。

で、先日ふと思ったんですけど、急な出費が出た時のために、ある程度、銀行なんかにお金を預金しておくのもある種の保険だと。自分らの業界では、こういうの自家保険っていうんですけど。要は、自力ってことですね。

自分の家でも、これをやっていまして、予め決めている額までは、毎月一定額を口座に入れていきます。で、決めている額に到達すると入れるのをストップ。で、下がるとまた再開の繰り返しです。

このお金は、主に冠婚葬祭費用とかのためのものなんですけど、お金に色はありませんから、当たり前ですが、その気になれば何でも使えます。なので、先日突然冷蔵庫が役割を終え、旅立って行ったときなんかも大活躍。

これが無ければ、長期投資を前提にして買っている金融商品なんかを不本意にも解約したりとかが必要になっていたでしょう。あるいは、それもなく、自分の持っている資産ではどうにもという場合は、ローンとかそういうことになっていたでしょう。

 

で、これって保険の感覚と同じだな、と思ったわけです。しかもかなり使い勝手がいい。だって、何にでも使えますから。損害額がどうとか、関係ないですし。手続きもいらない。いるとすれば、カードの引き落とし口座に、お金を入れておくとかぐらい。

自分の場合は、車は車検の時にある程度しっかり整備してもらうようにしていますから、まず無いことですが、例えば、いきなりぶっ壊れて、それなりの修理代がかかる、なんてケースにも対応できますね。というわけで、とにかく色々なことに。

こういうことって、地味なことですけど、日々を安定感をもって回していくためには、かなり重要です。例えば、このぐらいの感じでやっていれば、少なくとも保険料を滞納したりみたいなことにはならないでしょうね。

 

というわけで、保険商品でも投資商品でもバランス良く利用する必要があります。どうしても、極端になりがちな人が多いですが、重要なのはバランス。

やっぱり、保険商品だと、やり過ぎるとムダになるので、最小限にすべきです。最小限だけやって、あとは、一定程度預金などで準備をしておく。

で、自動車保険とかだと示談交渉の関係があるので、ちょっと別ですが、特に生命保険とかだと、確率的なことや公的制度があるという意味で、保険商品ではなく、預金なんかで準備をしておく方が通常合理的なんだと思います。

 

これは、極論ですが、だって通常、そんなに死んだりしないわけじゃないですか。そしたら、競馬で言えば超穴なわけです。それもかなりの。宝くじとかそんなレベル。

そしたら、確率的には、預金とか、投資商品にお金を入れていったほうが、いい結果になる可能性がかなり高いわけです。なので、その上でどうするか、という判断。

 

まあ、今のはやるかやらないか、みたいな極端なことを言ったので、現実は、「どのぐらいを何に回すか」ということです。で、保険商品は、小さいお金で大きいリスクに備えることが出来る分レバレッジが効くんですけど、一方で預金などと比べると合理性に欠ける面があるので、資産状況によって、ドンドンそのウェイトを減らしていくべきです。

なので、自分は結構保険にはチョビチョビ入っています。まあ、保険会社にとってあんまり儲からない客ですよね(笑)

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。