一万円や二万円のために保険に入る人はいない

   2016/12/19 

割りと改定が激しい自動車保険なんかで良くあることなんですけど、契約の更新の時に、改定の影響で全く同じ内容での更新が、できなくなるケースが多々有ります。

まあ、大体同じ内容ではもちろん可能なんですが、同じ内容を選択したくても、微妙に違う内容でしか選択することが叶わなくなるわけです。

で、そういう時に、同じような内容を希望された場合は、大体同じような内容を提案するわけですが、同じような内容というのが、複数考えられるケースがあるわけです。

その場合に、違いを説明したうえで、どれにするか判断をしてもらうわけですが、ユーザーは悩んでしまうことが結構少なく有りません。

ただですね、その違いと言っても、本当に微々たる差だったりするわけですよ。例えば、今正にあることだと、遠くで事故を起こした場合に、必要に応じて「交通費や宿泊費が出るようにするかしないか」などです。

かなり、細かい話です。しかも、その費用というのも1万円とか2万円とかが補償されるかどうか、というレベル。で、保険料はというと、年間で3千円(※改定のため、補償内容に+アルファがありますが)とかの違い。

まあ、もちろんその人の状況により、ニーズは違うわけですが、こんなのね、ハッキリ言って、直感で決めたらいいんですよ。値段、内容を見て。

もしも、入っていなかったところで、1万円や2万円が出ないだけですから。なので、これに入る入らないで、人生を左右するようなことにはどう転んでもならないのです。

なので、どうでもいいと。逆に入ったとして、後々いらなかったと思ったとしても、年間で3,000円やそのぐらい。どっちに転んでも大したことはない。

まあ、だから好きにすればいいと。ただ、ちなみに、しいて言えば、合理的にやるのなら通常不要でしょう。余程例外的な状況でかなり該当しやすいとかでなければ。保険はユーザーが基本的に赤字になる仕組みですから。

なので、判断に困ったら、まずはリスクの大きさを考えましょう。自分の経済力でどうにでもなるレベルのものは、どうにでもなるんですから、好みの世界でしかありません。

これまでに何度も言ってきましたが、保険の価値というのは、「少額のお金で、大きなリスクに備えることができること」です。つまり、自分の経済力では及ばないリスクについても備えることができる。

なので、逆に言えば……、ということ。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。