【自動車保険】対物全損差額特約は入るべきなのか?

   2015/11/27 

保険会社によっては、対物超過費用とかっていう言い方のところもありますが、要は、相手の修理代が、時価を超えてしまった場合に、円満に解決するために、時価+50万円とかまでは補償するというようなやつです。

まあ、今は大体入っている人が多いでしょうね。

で、今回は入るべきなのか?ということなんですが、保険料的にも大したことないし、古い車なんかで時価を超えてしまうケースで、出来るだけ円満にやりたい、とか。特に一方的な事故になりますが、悪いのはこちらなのに、時価を超えて全額修理代がもてない(保険から出ない)のは申し訳ない、という人は入ればいいです。

ただ、実務上でもこの頃思ったんですけど、これって実際には、賠償義務のないお金についても任意に支払ってあげる的なものですから。なんか、やや上から目線みたいに書きましたが、法的な責任がないものを支払うものなので、道徳的にはいろいろ思うところはあっても、別な例で言えば、借りてもいないお金を返す(払う)的なことに近い話なんです。

近いと言ったのは、例えば一方的な事故であるなら、その人がぶつけなければ、そもそも壊れていなかったわけなので、ちょっと事情が違うので、そう言ったわけです。

でね、入っている場合は、当然、相手の修理代が時価を超えた場合に、使うかどうかの判断を求められるでしょう、担当者から。繰り返しますが、法的責任はない部分についてなので、あくまでも任意なのです。

ということは、逆の場合も可能性として当然あるでしょう。自分が被害にあった場合なんかで、修理代が時価を超えてしまう場合が。ただ、その場合ですが、相手が時価を超えた部分について、保険から払えるように「なっていたとしても」払って貰えない可能性も当然あるんです。

なんか、これまでにそういうの何回かあったんですよ実際に。そしたら、結果論ですけど、意味有るのかなぁみたいにも少し思うんです。そもそもが任意の部分ですらねぇ……。あくまで、払う側が「払いたい」とか「払おう」と思わない限りは相手側は、どうしようもできないわけですからねぇ。

あくまで、そのぶつけた本人が払いたいと思った時のためのもの。で、ケースとしては、多い少ないは別にして、時価を超えた部分を払ってもらえなかった人が、逆に払うかどうか判断する側になったときに、払いたいと思いますかね?という点が有るんです。

全てとは言わないまでも、そういうスパイラルが一定程度形成されて行ったら、かなり入る意味はないんじゃないかと……。

あとは、他のケースでやや使い勝手は考えられますけど……まあ、そこまで慎重に検討する必要もないような気もするようなケースなので。

いずれにしても、そこを払わなくても、法的責任は果たしているわけですし、法的責任というところでは、お互い様なわけですからね。相手としても当然気分は良くなくても、仕方がないところ。

今時は特にそういう感じですから、以上考えると「被害者側になったときに、相手がどうとか関係ない」「自分のせいなんだから、時価を超えた分も申し訳ないから払いたい」という人以外は、必要なし、という結論になります。

やはり、何度も言いますが、性質的に任意の部分なので、完全に好みになってしまいます。あくまでも相手には請求権は無い。なので、あくまでも払う側の自由裁量 → 払う側が入っている=機能するとはならないケースも普通にある、という点がポイントでしょう。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。