住宅ローンを組む際のベストな月々の返済額はいくらか?

   2016/02/03 

今って、かなり昔よりも世の中の変化が激しいじゃないですか。なので、長期的な計画なんて立てようがないんです。加えて、日本は成熟期に入っていて、右肩上がりの経済成長なんて時代ではない。

いろいろな本なんか読んでみても、多くの有識者達は、今後、収入を増やすことはかなり難しいので、そんなことを考えるよりも、生活レベルを下げて、好きなことをやって暮らすのが、幸せに人生を過ごすためのポイントであると。要は、そのやり方を選択したほうが、幸福な暮らしを実現しやすいという意見です。

なので、最悪なのは中間層狙いみたいなのだそうです。一部の才能のある人は、自分で仕事を創造し、大金持ちになるチャンスはあるけど、あとは、プライドを捨て低所得層に収まった方が幸せになれる、という話です。

なので、幸せになれるのは、その一部の才能のある、大金持ちになる可能性のある人と、低所得層だと。高と低ということですね。逆にプライドを捨てられずに、全てを犠牲にして、生活レベルをなんとかキープしようとする中間層は、全てを犠牲にするわけですから、幸せにはなれないと。

それだけ、厳しい環境ということを言いたいのでしょう。

さて、そこで住宅ローン。少々前置が長くなりましたが、結構ネット上でも「住宅ローンを組む奴はアホだ!!」みたいな話題が出てくる時がありますが、この辺も踏まえて解説したいと思います。

このアホだという理由と、住宅ローンを組む際のポイントは関係してくるわけですが、要は、来年ですら読めない時代だってことなんですね。つまり、今の収入が、来年になると半分になっていてもおかしくないと。

そしたら、返せなくなるかもしれないし、そもそもそういったプレッシャー自体が既にアレですよね、という話。

なので、ローンを組む際にはその辺の事情を考慮の上、組むべきだということになります。

じゃあ、月の返済額いくらならいいでしょうね。ズバリ言いましょう。

というか、収入が激減しようが何しようが、生きている限りは人生は続きます。家を持っていなければ、アポートとか借りるわけです。その場合は、家賃を支払わなければならない。当たり前です。

なので、ベストは、その暮らしていくためにかかる最低の家賃分ぐらいあたりがベストでしょう。なんでかんで、かかる住居費なんですから。出来れば、固定資産税や光熱費等も考慮して、本当に生活コストが、最低限かかるアパート暮らしをした場合と同等ぐらいで収まるように組んだ方が収入激減リスクに強いです。

まあ、なので、そう考えるとそんなには組めないですよね。それと、もちろんですが、ボーナス払いは設定してはいけません。これは絶対にやめましょう。

ボーナスなんてまず一番に減らされるところですからね。ここをやったが最後、ドンドン終了に近づいていきます。いつ爆弾が爆発するか、的な。

それと、金利は固定が無難です。

あと、ずっと一緒の家に住むのは……、みたいなこと言う人もいますが、それは好みでしょう。合理的ではなくても、人間やってみたいことってあるわけですから。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。