不動産屋さんの仲介手数料は言うと結構下げてくれるのが普通らしい

   2016/02/03 

この前不動産業者の人と喋りまして、この人が結構面白い人で、いろいろ業界人しか知らないような貴重な情報をなぜかいろいろ教えてもらいました。

なので、一人占めしてもアレなので、みなさんと共有したいと思います。

さて、そんなわけで、いろいろお聞きしました。

で、仲介手数料なんですけど、アレって上限は法律で決まっているんですよね。ただ、少ない分にはいいみたいで、意外に柔軟な姿勢のところは少なくない模様。

で、仲介の頼み方も2つほどあるそうで、専任とか言う方が、交渉の余地が大きいらしいです。ていうか、専任だと、一箇所の業者にだけ、買いたい人探すの頼む、というやり方なので、手数料少なくしてもらえない場合は、特にユーザーにはメリットないそうで、下げないのなら、専任にする意味はないということでした。

それなら、そうですよね。

で、業界の常識だと手数料の交渉は、必ずした方が得というか、しないと損だというぐらいの話だということでした。もはや、当たり前だと。

なので、必ず相見積もりをとって、決めた方がいいそうです。

まあ、もちろん、少しでも合理的にやりたければ、複数とって比較はすべきでしょうが、手数料を下げるよう交渉するのが常識(言えばある程度下げるのは普通)とまでは知りませんでした。

これは、いいことを聞いた。あと、仲介手数料じゃなく、家買う時も結構相見積もり取って、言うと、割りとベロベロ下げるらしいことも言ってました。それも、割りと彼らにとっては常識の範囲みたいでした。言わなきゃ損だと。

うーんなるほどねぇ。

やっはり、実際にやっている人に聞くのが一番ですね。自分の仕事だと、そんな保険料値引きとか、違法なぐらいだからねぇ……。他所の業界は他所の業界なんだけど、どうしても感覚的結構意外でした。

だって、割りと大きく下げることも普通にあるようだったんで。

 

2時間で丸わかり不動産の基本を学ぶ
4761269251

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。