家の大きさを検討中のあなたへ

   2016/02/03 

実際に家作ってみて思うんですけど、もっと小さくても良かったかなと。

車でもそうですけど、デカイともちろんいい時もありますよ。しかしね、デメリットもたくさんあるじゃないですか。維持費とか維持費とか維持費とか。

燃費も基本的な話としてアレですしね。小回りも利かない。停めるのも大変だったりと。

家もそうなんですよね。

で、今ってコンパクトの時代じゃないですか。テレビは平べったいので、場所とんないし。本だって、デジタルのやつあるし。音楽だってデジタル。コンポとか不要だし。

そこ考えると、例えば6畳の部屋でも、昔の6畳と今の6畳では実質的な部屋の広さが違うぞと。広くて部屋も多いと掃除も大変。傷んできて、キレイにするにもそれなりに。

光熱費もそれなりに。家族のいる場所の距離も結構あったりとかも……。

そしたら、もっと小さくても良かったかなーと思ったりしています。やっぱり、程よいサイズってありますね。家族数だって、はじめは結構いても、いつまでそうなのか判らないしね。

それと、小さいと基本大きいよりも建築費安くすみますから、借金で建てるにしてもあんまり背負わなくていい。来年のことも読めない時代ということ考えると、身軽なのに越したことないんですよ。変化に対応しやすいですから。最低限の生活コストが低ければ気も楽ですね。

そう考えると、コンパクトな方が圧倒的にメリットが多いです。やっぱり、キャンプなんかやってても思いますけど、デカけりゃいいってもんじゃ無いんですよね、今時特に。大は小を兼ねるのは兼ねますけど、今はテクノロジーが発達しているので、一概にそうでもなくて、メリットを考えると、下手にデカイのは考えものですよ。

というわけで、次回があれば、結構思い切って小さい奴にすると思います。あとは、ある程度工夫をして、いい感じに作ればいいので。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。