『【交通事故】自分の過失100%… それでも使える“人身傷害補償保険”の基礎』について

   2015/12/31 

目に止まった記事があったので、紹介してみます。

【交通事故】自分の過失100%… それでも使える“人身傷害補償保険”の基礎

文字通り、自動車保険の「人身傷害」という補償(機能)は、自分が悪い場合にも、補償してもらえるということが書いてある記事です。

少し余談ですが、厳密に言うと、内容的には自賠責の点が考慮されていない、不適切と考えられる点がありました。自賠責は、救済目的の制度であるため完全に一方的なケースでなければ、全く補償されないということにはなりません。記事の本質的にはアレですが……。詳しいことは、記事を。

 

話を戻します。

というか、みんな普通入っているんですが、要は自分が悪くても出るよという話。で、思ったことは、「◯◯でも」使える、とか「◯◯でも」支払われるとか、書いてあるんでけど、それはそうなんです。

ただ、一言言えば、◯◯でも、というよりも、「そういった時のためのもの」なんですよねwww なので、そういうときに機能しなかったら「とんでもない」というぐらいの話で、繰り返しになりますが、何のためのものかというと、そういうためのものなんです。

だから、ちょっと表現が変だなぁと思ったもんですから。なので、本来的に言えば、「◯◯でも使える」とかではなくて、「◯◯のための」とか「◯◯のときに役立つ」「◯◯のときに助かる」とかが適切かと。

まあ、あと、相手が無保険の時とかもですね。その場合でも自賠とか政府の保障事業はあるんだけど、上限は、最高4,000万円(死亡3,000万)なので充分とは限らないですから。まあ、かなりのケースでは大丈夫でしょうが……。あと、話しがつかない場合の、立て替え払い的機能とかも。

 

ということで、結構どうでもいい感じの内容にも一部少しなっちゃいましたが、もし自動車保険に入っているけれど、「人身傷害」は、入っていないな、という人は入っといた方がいいですよ。というか、入らないことは考えられません。余程の考えがない限りは……。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。