新しい床屋に行くときは写真を用意していくのがおすすめ

   2015/12/06 

つい先日のことになりますが、今まで行っていた床屋さんは、少し遠いため、どうしてもわざわざ感が出るってことで、なんだかんだで、10年ぐらいずっと通ってたんですけど、ついに近めのところに行きました。

で、結論から言いますと、やっちゃいました笑

それも結構な具合に。完全に失敗ですね。

これは、中学の時に全くオーダーと違う内容にされた時以来です。

その時は、なぜか頼んでもいないのに…昔のサラリーマンみたいな七三分けにされたんですが……。

ちなみに、その時の担当の床屋さんも七三でした……。頼んでませんけど……みたいな……。

ただ、その時はセットの仕方の問題だったので、セットし直せば解決するわけてす。

しかし……今回は、チョキチョキ、チョキチョキとやっているうちに、戻ることが出来ない状態になってしまいました。

「こんなもんでどうでしょう?」

いや、もう一回りぐらい上の方短くしてください。

「こんなもんでどうでしょう?」

いや、もう少し。

とか、3回ぐらいだったでしょうか。やっているうちに、「え」みたいな。

で、最終的には、予定していた内容とは「全く違うもの」になってしまいました。

この件の場合は、こちらの問題なのですがね。

というわけで、ちゃんと思った髪の毛に切ってもらった時に、取り敢えず写真撮っといたほうがいいてすよ。

そしたら、初めてのとこ行った時も、こんな感じと見せられます(説明できる)から。

いやー、これまでの人生で、そこまでのケースに至ったことがなかったものですから……。

これまでのところでも、いつもの人じゃないときに説明するのが、結構大変で、写真撮っとこ、と思ったことは何回かあったんですけどね……。

うーん、それでも途中でいつもの人に変わってくれたりとかで、そこまで困ったことがなくて……。

そしたら、案の定。

この経験に学んで、取り敢えず写真を撮っておくことにします。

じゃなければ、Google画像検索とか使って、画像を準備してから行くとか。

みなさんもご参考に。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。