家財道具は広範囲、いろいろ対象になるので忘れずに請求を

   2016/12/19 

昨日は、部屋の窓を開けておきましたら、急に強い雨が降ってきまして、涼しいなぁと思っていました。その時は・・・。

 

無キズでは済まなかった

しばらくしてあまりに強いので、少し閉めようと思い、各部屋を回って行きましたら、わたくしの寝室がもうすごいことになっていました。

テレビから床からビショビショで、窓からかなりの雨が吹き込んでいたのでした。

ショックを受けている暇もなく大量のタオルで直ぐに対処したわけですが・・・、やはりテレビは無キズでは済まなかったのです。

電源を入れたら一瞬はついたのですが、直ぐに消えました。

 

何とか助かった

Googleで調べたところ、メーカーのみで、詳しく機種を調べたわけではありませんが、コンセントを抜き5秒以上経ったら電源を入れ、それでもだめならメーカーに電話みたいなことが書いてありましたので、とりあえずそれを実行。

そしたら、少し画面が映るような雰囲気になりましたが、直ぐに消えました。2、3度やりましたが駄目でしたので、30分ぐらいでしたでしょうか、暫く放っておいてから電源を入れたら何とか映ったのでした。

修理だあなんだと面倒なことにならずに済んで良かったです。

 

火災保険で対象になる可能性あり

ちなみに、テレビは通常家財にあたりますので、家財に火災保険を契約していれば今回のケースも対象となる可能性があります。

その際必要となるのは、通常、写真と修理見積です。

 

最後に

何も無ければ一番良いのですが、もしもそうなってしまった場合は、せっかく入っているのですから、是非請求してみてください!

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。