太陽光パネルをつけるかどうか悩んでいるあなたへ

   2016/02/03 

太陽光パネルについては、興味はある。しかし、実際どうなんだろう。なんか怖いな、という人は結構いるだろう。

今回は、自分の経験してみて判ったことを書きます。

 

一番大きなポイントは、一つだけです。

全量買取なのか、余剰分だけ買い取りなのか。

ハッキリ言ってこの点だけですね。あとは、事前にシミュレーションも普通できるので、どんな感じになりそうなのかはある程度想定できます。

それでね、自分の時には、まだ全量買取って無かったんですよ、普通には。いくらかして可能になったんですけどね。

ていうか、ハッキリ言って太陽光やるなら、「全量買取」一択しかあり得ませんね。

繰り返しますが、うちの時はそれなかったので、自動的に余剰買取に。余剰ってことは、まず発電したやつを自分ちで使って、残った分を買い取ってもらうという方式。

と、いうことはシミュレーションしてもその前提以上に、昼間電気を使ってしまうと、全く予定が狂ってきます。確かに、電気代は安くなりますよ。しかし、その分買取が少なくなりますから。こちらからすると、売った分が。

で、もしも自分で使っても、売っても単価が同じぐらいなんだったら、別に問題ないわけ。同じなんだから。が、そうではないのがこの問題のポイント。

今、全量と余剰でも違うんでしょうけど、自分の時は、買取の単価は1Kあたり、48円でした。電力会社から、電気を買って使う場合は、そんなにはしません。

オール電化の場合でも、使用量にもよりますが、最低だとその半分以下でしょう。で、一番高いラインでも37円とかそんなもの。これは、電力会社やそのプランによります。

いずれにしても、そういうことなんで、発電した電気は売ったほうが得なんです。しかし、冬とかわんわん使ってて偉いことになったことが有りますからねwww

明細来たら、「え」みたいな。買取ほとんど無しみたいな。大分シミュレーションと違うじゃんみたいなwww しかも、今は残債ないですが、当時はそれでローン払う計算でしたからね笑 その割に、電気代もそれなりだしと。

ちなみに、前なんてもっと電気安かったですから、なおのことですよ。

10年経って48円が24円になれば、そこは解消されて、むしろ使用量によっては、売らずに使ったほうが得なぐらいなんですけどね。

だから、唯でさえオール電化になれずにストレスで、ようやく馴れてきたと思ったら、今度はそれで。そのストレスたるや……。

なので、全量の場合、パネル10K以上のはずなので、結構な面積になりますけど、その方が煩わしくなくていいですよ、絶対。本当にウザいwww

金銭的には、確実にメリットあったし、今もその最中なんですけどね、面倒臭さのほうがかなり……。

ちなみに、余剰でも昼間誰もいないとか、いるにしてもシミュレーション通りな感じの使用状況なら問題はないんですけど。

 

関連:太陽光パネルは火災保険の対象になるのか?

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。