保険の相談相手は、こう選べ!!

   2016/12/19 

ライフネット生命の出口会長が相談に回答している記事がありました。思うところがありましたので紹介しましょう。

http://goo.gl/8Cx7Zl

内容はと言いますと、要は「保険を見直すにも、複雑で良う判らん、と。どうしたらいいですか?」というもの。

それに対する出口さんのアンサーなんですけど、「保険に限らず、複雑で良く解らないものは、詳しいやつに聞け。」、と。もちろん、記事ではもっと丁寧な言い方ですけど。なので、保険も例外ではなくそうしましょう、という話に。

さらに、具体的にどんな人がいいかというところでは、出口さんは、「独立系のFP」を提案。要は、勤めている人だと、「雇われ」なので、そこの方針が影響するから、必ずしも自分の利益を優先したアドバイスをくれるとは限らないと。

相談者は、独立系は相談料がかかるけど……メリットはあるのかと、質問。それに対しては、保険を見直して、年間10万円保険料が安くなるケースはたくさんある。いいFPに出会えれば、保険以外でも一生の付き合いができると回答しました。

というわけで、出口さんはFP、それも独立系推し、ということでした。

わたしの意見

このアドバイスは正論だと思います。ただ、気をつけたい点がありますね。そもそもFPってなんですか?ということ。

=みんな一流で、いい人ばかり、ということなら安心でしょう。しかし、現実はそうでもない。というか、素人に毛が生えた程度の人も五万といます。そもそも、それを名乗るための規制が特にないんですよ。コンサルタント、と一緒。

◯◯プラニング技能士とか、◯FPとかは、名乗るには、試験など必要な物がありますが、にしてもそう難関というほどのものでも有りません。いくつかありますが、上級の方でなければ特に。だから、腐るほどいますよ。

で、そんなに詳しいのかと言えば、詳しい人はそりゃー詳しいでしょう。しかし、詳しくない人も腐るほどいます。やっぱり、実務経験がある程度ない人は全然ダメね。当たり前ですそんなもの。経験しなけりゃ解るはずがない。逆に言うと、経験したこと「しか」というぐらいの話。

料理したこと無い人が、本読んだぐらいで、直ぐ作れるようになりますか、あなた。車、運転したことない人が、ちょっと講義受けて、直ぐに運転できますか?出来ないですよね、出来るわけないんです。

なので、こういう人に言いたいのは、人選びを気をつけようという話です。

なので、出口さんも選択の基準をいくつか挙げておられました。

経験が何年以上とか、ネットで発信しているとか。

3つ条件があります。1つ目は、そのFPが「保険代理店になっておらず、保険会社から協賛金などももらっていない」ということ。これは、保険会社の都合に影響されず、あなたに合った保険を選んでもらうために必要なことです。

2番目は、ブログやHPを持って発信している人。保険に対してどのような考え方を持っているか、事前に確認することができます。

3番目は、できれば5年程度以上の経験がある人が望ましいです。

それから、もう一つ。FPってのは要するに、資格の試験とかだと、よろず屋のように広い範囲をやるんです。なので、独自に自分の得意分野を作らないと、ただの雑学王みたいになりがちなんです。なんにも詳しくない、と。

まあ、だから結局だれに相談していいかわからず、その辺のショップあたりにいって相談しちゃうんだろうけど。

なんか、良くわからなくなってきたけど、これには実際人を選ぶ力が必要になりますね。ブログとか読めば、ある程度その人の感じはつかめるだろうけど、多少の量読まないとね。なので、そこまでする気があるかということも……。

まあ、だからこういう系のことはリテラシー低い人は騙されちゃうんだけど。

というわけで、

なので、有料とか無料とかももちろん、違いはあるけど、この人だって人が判らない、いない、という人は、やっぱり、複数の意見を集めることだね。

で、「意見」や「その根拠」を比較してみて、一番まともそうな所のを検討するのがいいでしょう。それが、現実的でしょう。まあ、金払って相談するぐらいだと大したものだけど。

そういう意味では、食べログの保険代理店版みたいなのあるといいんだろうな。もちろん、ちゃんと信用できる(機能してる)やつ。しかし、それがなかなか難しいんだけど……。

 

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。