相手に「申し訳ない」と思ってもらうのは諦めましょう

   2015/12/14 

日々仕事をしてしますと、職業柄たくさんの交通事故を見ますけれど、中には、とても感情的になってしまうケースがあります。

そうなってくると、お金の問題よりも、相手に「悪いと思って欲しい」「謝罪して欲しい」とか、そういうマインドになってくるんですね。

まあ、気持ちは解らなくはないですけど。

中には、法的な基準で行くと、そんなに極端に一方的な事故でもなくどっちもどっちみたいなケースでもそういうことがあります。

先日なんかだと、本当にお互い様位な感じだったんですけど、「もう相手が悪い」と思い込んじゃっているんですよね。自分の価値観や道徳観の中で。

話を聞いてみると、事故直後に相手が「すいません」と言った、とかいうわけですけど、それは、素人ですから、普通の人は法的な基準とか、なんだか判りません。なので、社交辞令でしかないわけです。

従って、それをもって、相手が悪い、ということにはならないわけです。まあ、逆に言えば、そんなちょっと「すいません」と囁いた日には、悪いことになる、ということだったら、大変な話ですが……。

 

で、自分も車を運転しますのでね、「そのタイミングで来られたどうしようもないじゃないか(怒)」という気持ちは解るんです。しかしね、法治国家ですから、ここは。

そしたら、賠償の問題については、ルールの話でしか無いわけですよ。ルールがどうなっているか。そこに照らして、誰がどのぐらい責任があるのか、という話でしか無い。

悔しい気持ちは判りますが、ルールなんでどうしようもないんです。スポーツでも何でもそうですが、決まっているものを言ってみてもどうしようもない。不満ならルール変更すべく活動するしかない、と。

 

で、その上で言いますけど、いずれにしても、相手に感情的なものを求めても無理なんですよ。法律でも金で解決ということになっていますから。

しかも、どっちもどっちな場合は特にですね。だって、どっちもどっちなんですから……。

相手は、悪いとかなんとかよりも、金、の問題でしか無いんです。

「いくらかかるのかなー……」

「保険使うと、次回どのぐらい保険料上がるのかなぁ……」

「自腹で払ったほうが得なのかなぁ……」

「いくらかかるのかなー……」

とか、大半の人がそんな感じでしょう。頭の中は。

それが、現実です。

その先日のやつなんて特にですね。事故直後は、自分(相手)がほぼ悪いのかもと思ったのかもしれません。

しかし、保険会社に連絡してみたら、「基本的には、どちらも半々ぐらいの事故ですね。あとは、交渉次第です。」とか言われたら「なーーーんだ、あたしが、ほぼ悪いわけじゃなかったのか……。半々なら、どっちも同じぐらいだもんね。」と思うでしょ、普通。

そしたらね、謝罪の電話の一つもあるかと思っていたそうですが、そんな話では有りませんわね。

でも、かっかと来て、ダメみたいで、ゆっくりと時間をかけて解決まで持っていくことになっています。

 

というわけで、ちょっと脱線気味になりましたが、こういうための法律でもあるんですよね。だから、金で解決ということなんです。

まあ、だから、感情的になってしまうことはあるでしょうけど、そのエネルギー勿体無いので、相手の気持ちを支配することはできませんから、そこは割りきって、出来るだけストレス無く終了させることだけ考えましょう。というお話。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。