だから、結局適当にショップあたりに行くようになるんだろうな。と思ったという話。

   2016/12/19 

だから、結局適当にショップあたりに行って、相談するようになるんだろうな……。

先日、ライフネットの出口会長のアドバイスが載っている記事を見かけた。

それについてのエントリーも書いたんだけど、

保険の相談相手は、こう選べ!!

その出口さんの案件というのは、簡単に言うと、「保険って複雑で良うわからんのだけど、どうしたもんだろう?」というもの。

で、出口さんのアンサーは最終的には、しがらみのない専門家に相談するべし!というものでした。

それで、更に言うと、出口さんが言った独立系とかの場合、通常有料相談だったりするわけですが、出口さんは、保険料が随分安くなるケースもあるし、いい人に出会えれば、一生の付き合いができていいよ、と。

希代の読書家とも言われる出口会長。さすが、やっぱりこう来るか、という感じのアドバイスですね。

やっぱり、このクラスだと、こういう発想だよな、と。

ちなみに、自分的には、この論には同意。が、しかし、このクラスだからこの発想なんですよね。

こういうこと言い始めると身も蓋もないわけだけど、事実なんで言うと、日本では、そういう、情報、アドバイスなんかに金を払らう、という習慣があんまりありません。

一個人がプライベートで有料相談というのは、ほぼほぼ無いでしょう。

経営者とかは、普通にありますよ。扱っている額も違うので、投資に対するリターンという意味でも、価値が分かり易い。

あと、経営者とかだとやはり、そういう投資感覚もある場合が多いだろうし、そういう考え方も出来る、と。

だから、そういうものに、お金が払える、払おうと思える。つまり、少しくどいが、フタ開けてみないと分からないものにでも投資出来る、と。

なので、逆に言うとそういう人ではなく、一般の人だと、大半は、そういう発想は持てない。

費用対効果もハッキリしていない。扱う額も通常個人だと小さい。

だから、良いアドバイスだけど、理解できる人と出来ない人にわかれちゃうんだろうなと。

で、大半は理解できないだろう……、と。それなりのクラスじゃないと。あと、その人ごとの状況もね。

やっぱり、タダがいいなって人は多いだろうから。なんだかんだ言ってwww

 

でも、思うんだけど、取り敢えず、タダのところで良さそうなところを探してみるのもありだろうな。

有料のそういうところなら、自分の利益を最優先に考えてくれそう、くれやすい、というのは理解できる考え方だが、しかし、必ずしも、無料だと×ということでは無いので、タダが良ければ、そういうとこで取り敢えず良さそうな、お得な感じのとこを探すのは、ありだろう。

繰り返しになるけど、個人だと通常額が小さめだからね。価値を見出し辛いというのは事実ね。

まあ、額が大きくても、お得な感じのとこを探す、というのはお得にやるためには必要だけど。

そして、このお得、というのは単にタダで良いアドバイスをしてくれるとこかどうかではなく、投資に対するリターンという意味なので、当然有料のも含まれる。

要は、有料であっても無料であっても、内容がいいかどうかという話。なので、そういう意味では、有料も無料も別な枠ではない。

それはあくまで、値段なのだから。

というわけで、なんか若干クドい感じになったが、結局面倒になって、なんとかの窓口あたり行って適当にやるんだろうな、と思ったのだった。

金払うぐらいなら大したもんだよ。

 

そうそう、ショップと言えば、

みつばち保険が元社員達から集団提訴に遭っているらしい

こういうとこもあるから、気をつけよう。

 

というか、自分で言うのもアレだけど、自分みたいなとこなら、無料でも、まともなアドバイスを期待できる。

たまに、「いつまで無料でやろうか…」「商売なんだから、単に相談だけ、みたいなケースには相談料取るか…」とか考えるときあるもの。

なんで、無料でやってんだろ…、みたいなwww あと、無料だと保険に入らないと悪いかなとか考えたり、心置きなく相談できない、なんて人もいるたろう。なので、そういう意味でも「有料相談」というメニューも用意しようかと考える時がある。

結局、なんか面倒になってまだ、やってないけど。BASEとか使うと簡単でいいんだろうけどね。

というわけで、以上です。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。