『損保26社、9年ぶり赤字に』また値上げの可能性ありだな・・・

   2016/12/19 

損害保険会社が赤字になったと日経新聞にでていたので、紹介しておきましょう。

損保26社の本業利益、9年ぶり赤字 4~9月期

日本損害保険協会が15日発表した加盟26社の2015年4~9月期決算は、本業のもうけを示す保険引受損益が816億円の赤字(前年同期は1669億円の黒字)だった。赤字は9年ぶり。今夏に発生した大型台風の被害が大きく、保険金の支払いが膨らんだ。

加盟26社(普通みんな入っている(たしか国内で営業しているところは全部だったはず。いずれにしてもそのぐらいの感じ))の今年の4~9月ですから、6ヶ月間についてですね。

本業が赤字だったと。それがなんと9年ぶりだそうで。

理由は、主なところでは夏の台風による、保険金の支払いということです。

 正味収入保険料は6.5%増の4兆3080億円。各社が期間10年を超える火災保険の取り扱いを10月からやめるのを前に、割安感のある長期契約に切り替える顧客が増えた。

一方で、顧客が支払った保険料。入の方ですね。これは、6.5%増えたということです。

なので、入りは増えたんだけど、赤字ということは、それだけ支払いが多かったということになります。逆に、この火災保険の引受期間の改定が無かったら、もっと赤字が拡大していたことでしょう。

 

これは、全社のトータルなので、その保険会社によってもいくらか違うはずですけど、こういうことだと、また値上げの可能性が出てくるね。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。