新たにできる予定の「106万円の壁」 働き方を再考する必要ある?

   2016/12/19 

来年から、社会保険の加入対象となる、金額(給料)の基準が変ります。

ライブドアニュースによると、

現在:(年収)130万円未満 → 社会保険に入らなくてOK

2016年10月から:106万円未満 → 社会保険に入らなくてOK

になる予定ということです。予定って付いてるんですよね。確かに未来のことはなってみないとですが、通常余程のことが無い限りそれでいく場合は、こういう表現は使わないんですけどね普通……。まあ、『「年金機能強化法」に基づき、2016年10月から施行されることになった』とあるので確定していることなので、こうなるんですよ。本当に相当なことが無い限りは……。

取り敢えずは、小さい会社とかは関係ないよう。ていうか、新制度における、社会保険の加入義務の要件は、

・1週間の勤務時間が、20時間以上

・月収88,000円以上(年収106万円以上)

・同じ職場に1年以上雇用見込みがある

・学生ではない

・勤務する企業の社員数が501名以上

出典:http://goo.gl/zl3yYZ

こういうことです。

なので、企業サイドとしては、この要件を外す努力をするのでしょう。この記事書いてて思ったのは、現行の仕組みでも、

・1日or1週間の勤務時間が、正社員の4分の3以上

・1か月の勤務日数が、正社員の4分の3以上

出典:同上

こういうようなことだから、今の時点で、106万以上130万未満でここにかかってこないのって結構特定の人だなと。

・勤務時間少なめで、出勤日数も少なめな人

・勤務時間多めで、出勤日数少なめな人

・勤務時間少なめで、出勤日数多めな人

1番目の人は時給高めの人とか。2番め3番めは、普通の時給でも計算したら、働き方によっては入ってくる。あと、都会と地方でも違うな……。都会は入りやすいね。

ちょっと気になって面倒臭いこと考えちゃったけど……、手取り減るんで嫌な人は、人数少ない会社に移動した方がいいね。職場に相談して、労働時間を減らせれば、対象から外せるけど、そうすると収入は減るからね……。

となると、収入キープで、労働時間を増やしたくない場合は、一番シンプルなのは、転職か。

実際ここにかかってくる企業ってどんぐらいあるのか知らないけど、今の状況で、単純に時給下げるというのは、無理だろうから、人多目に入れて、少ない時間とか少ない日数で働いて貰うようにするしかないんだけど、人不足でそれもきつい。

いやー、企業死ぬな……。待遇悪いと辞めちゃうだろうし……。

しかし、これもっと金額下げてこられたら、該当してくるところ一杯あるわけで、しかも人不足……。

いつやるのか知らないけど終わっちゃうとこ一杯だろうな。ていうか、また無人化が進むだけ。経営者はどうやって人を雇わずに回すか日夜必死に考えるだろうから。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。