車を買い換える際なんかに長期間車が無くなる場合、補償を少なくしておくのも一つ

  

たまにこういった相談がありますので、記事にしておきましょう。

 

車を買い換えたりすることがたまにあるかと思ういますが、スムーズに行くことばかりではありません。買おうとした車が届くまでに、しばらくかかったり、なかなか決まらなかったりということがあるからです。

先日も正にこういうことがありました。そのケースでは、当初、車検を受けて引き続き車に乗り続けようと考えていました。しかし、車検の見積をしてみたところ、予定外の額がかかることが判明。

だもんで、「もういっそのこと買っちまうか…」という発想に。

ところがですよ、納車は数ヶ月後ということに。時間かかるんだそうです……。

なので、その間は車検も切れるので、自分所有の車は無しに。

そんなわけで、

「保険はどうしたらいいですか?」

ということになったわけです。

 

で、自分のした回答は、もし「保険料のことが気にならない」のでしたら、納車日が決まり次第、変更の手続きを通常通りすればOKです。

もし、その間の「保険料が気になる」(勿体無いとか)のでしたら、2つ考えられます。

一つは、「解約と中断」の手続きを取り、車が来てから再度契約をし直す。

もう一つは、車が来るまでは、車が無いわけですから、補償は実際不要になるので、出来る限り、補償を少なく変更をしておいて、車が来るタイミングで、キチンとした内容に変更する。

というもの。どちらもメリット・デメリットがありますが、2番めのほうが、電話で通常可能ですので、手間ヒマは少なくて済みます。2回ほど電話をするだけ。(補償を少なくする時と、車が来た時にキチントする時)

もう一方だと、対面や書類などを郵送して、「サイン」返送などという手続きが普通発生します。

 

なので、あとは好みの問題。手間ヒマは関係なくて一円でも安いほうがいいというのなら、よくシミュレーションが必要です。まあ、その場合納車日がキチント確定している必要がありますが。

等級進行の関係がありますし、保険料は、通常月割なので、納車日によって、平気で保険料が一月分変わる可能性があります。納車日が予定よりも、ガッツリ変われば、一月分どころではなく、もっとガッツリ変わる可能性もありますが……。

以上考えると、結構面倒臭い感じがしますよね……。

そんな先のこと判らないじゃないですか。

要するに、はじめに書いた、特に「保険料のことが気にならない」のでしたら、簡単なんですが、多少気になるということですと、どうするか検討する必要が出てきます。

となると、お手軽なのは、もちろんケースにはよりますが、概ね、二番目の「補償を最小限にしておく」がいいかもしれませんね。電話で出来ちゃうってのがお手軽ですもの。

まあ、その約款によって規定が違うので、どこまで圧縮できるかで、「ほとんど変わらないね」ということにもなりかねませんが。できるやつだと、本当に少なくできるので、それならムダは相当抑えられるでしょう。しかも、再開するときには電話で、簡単にまた変更できるし。

 

というわけで、こういう感じのケースになっている人は参考にしてみてください。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

コメント一覧

  1. Linda より:

    車がない間、補償を少なくする・・・

    それって、架空契約になりませんか?

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。