健康保険証情報、10万3000人分が流出 一部は住所、電話まで…名簿業者が転売、大阪は3・7万人も

   2016/12/19 

産経ニュースによると、健康保険の加入者情報が流出していたそうです。

http://www.sankei.com/affairs/news/151230/afr1512300008-n1.html

流出していたのは、氏名や生年月日などで、その数103,000人に上るということ。しかも、名簿業者が転売していたこが発覚しているようです。一部には住所や電話番号も漏れていたということ。

流出したのは主に、近畿地方で、

・大阪府約3万7千人

・奈良県約2万5千人

・滋賀県約2万4千人

などで、沖縄を除く全国46都道府県にまたがるということです。

ちなみに、流出元データが複数の運営主体にまたがることから、流出は、運営主体からではなく、「医療機関などが業務で作ったリスト」が流出した可能性が高いという見方になっているようです。

 

名簿業者が転売だそうです。名簿業者って……。

こういうのって、なんとか詐欺とかにも使われるんだろうね。で、一旦出たら、もうあちこちに出てるだろうから、もう出回る前の状態にすることは実際無理。なので、住所とか電話番号が漏れた人は特に、今まで届かなかったような電話とか郵送物が届くようになるかもしれない。

電話番号は変えれば済むけど、住所は引っ越ししないとだからね……。面倒。タダじゃないし……。

うーーーん、でもこういうのって、加入者はほぼ気をつけよう無いから、諦めるしか無いことに……。

どんぐらい来るかだけど、片っ端から受取拒否とかするしかないかもな。流石に毎回戻ってくれば、出さなくなるだろうから。数によるね、数に。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。