マイナンバー制度始まる 企業も自治体も混乱収まらず

   2016/12/19 

http://the-liberty.com/article.php?item_id=10715

新年早々、マインナンバーについての記事があって、しかも「銀行口座と関連付けられれば財産が丸裸」とかでていたので、少々コメントしておこう。

というか、マイナンバーは今年の元旦からなので、新年早々もなにそうなんだけど。

さて、この頃、マイナンバーマインナンバーと結構巷では話題となっている。が、「便利になっていい」とか「ようやく実現か」というような声も有ればネガティブな声も聞こえてくる。あと、なんか勘違いをしたような声も……。

自分も既にマインナンバーについてのエントリーはいくつか書いている。

マイナンバーQA:誰かにバレたらどうなるのか?

で、思うのは、そもそも現時点でも丸裸なんだよ!ということ。

だって、戸籍でしょ。確定申告(年末調整含む)。そのた金融関連のカードとか口座とかもろもろ。運転免許証だって……。ネットもあるし。一般人であっても検索すればかなり判る。SNSとかね。

お金を含む財産っていう点で言うのなら、基本的には不動産は登記するし、車も登録。お金だって通常振り込みとか。今時、タンス預金して、全て現金で取引の人なんていない。やりたいと思って、ほぼできることは限られている。

ということは全て電子的な記録に残っているわけである。まあ、確かに口座とかもマイナンバーの登録が義務付けられ、そして、そうなれば、税務署なんかが調べるときは、やりやすくはなるんだろうけど、今だって調べようと思えば調べることはできる。

なので、政府関係者のコメントでも、名寄せがやりやすくなるなるだけということです。

○税務署が全ての財産を把握できるようになるというのも誤解です

マイナンバーの導入によって、税務署に提出する書類が増えることはありません。単にマイナンバーを書き足すだけであり、税務署に入る情報は増えません。将来銀行口座の開設にもマイナンバーを書き加えていただくことになりますが、今でも口座の開設に当たっては身元を確認しており、取扱いは変わりません。マイナンバーによって、口座の内容が見られることはありません。
ただし、税務調査に入るときに、税務署が資産等の名寄せの作業をしますが、それがスピーディになるという税務署側の利便があるのは事実です。

出典:http://goo.gl/yBL3j6

 

というか、そもそも論を言いますと、そういう見られると困る人には、尚更調べやすくするべきでしょう。キチンと申告してルールを守って税金を払っていれば、別にいくらみられてもいいではありませんか。

会社員は、やらないですけど、企業の場合は、口座とかも確定申告の時に詳細書きますしね。だから、自分的にはなんにもネガティブなことは思っていません。むしろ、出来るだけスピーディーに国民の利便性が上がればいいと思っています。

なので、人に言えないことをやっている人は、嫌なのかもしれませんが、少なくとも、この国では、様々な制度で、役所は情報を把握できるようにはなっていますから、それが一つの番号で統一される的な話で、ほとんど国民サイドとしては、便利になる以外では変わらないでしょう。

元々その役所とかごとに番号は振ってある話なのです。ますw

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。