生命保険料、全面改定へ…年齢で1割前後増減も

   2016/12/19 

http://www.yomiuri.co.jp/economy/20160101-OYT1T50039.html

生命保険の保険料改定があるようです。

YOMIURI ONLINEによると、2017年の4月以降契約から順次保険料を全面改定するということです。

生命保険各社は、2017年4月以降の新規契約者から順次、生命保険や医療保険など主力商品の保険料を全面改定する。

低金利であることや平均寿命が延びていることで調整をする目的のようです。この改定が実施されることで、契約年齢により、1割り程度の値上がりになるケースと、逆に1割程度の値下がりとなるケースがでてくる模様。

それと、変更スケジュールとしては、2回に分けて実施するようです。2017年の4月(低金利に対応するための改定)と早ければ2018年の4月(日本人の長寿化に対応した改定)みたいです。

 

実際のところは、保険会社は民間企業なので、それぞれの判断となる。が、今回の改定理由や、こういう記事が出ている辺りからすると、各社大体同程度の調整ははかるのだと思われる。

というわけで、安くなるケースと高くなるケースがあるということなので、高くなるケースについては、その少し前とかの両方試算可能なタイミングで、それぞれ試算をし、改定前の方が、得な場合は、改定前に入っておくといいだろう。

で、逆の場合は、改定後が基本的には良さそうだが、診査の関係があるので、僅かな加入時期のズレではあるが、そこは予め理解しておきたいところだ。

 

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。