『簡単!キャロットピラフ♪人参炊き込みご飯』マジで材料もあんまりいらないし、簡単アッサリ味でいい感じでした

   2016/12/19 

http://cookpad.com/recipe/3396998

実はこの前業務スーパー行ったら、米研いで入れるだけでいい、炊き込みご飯の素みたいな感じのやつの「パエリア」バージョンが売っていて、140円位と低価格だったので、取り敢えず衝動買いしてみた。

で、これが予想以上に良かった(美味かった)もんだから、次は、同じようなシリーズの別な味をと考えていた。あ、確か「ピラフ」とかもあったなと、ということで、丁度翌日客人があるということで、〆のご飯物にでもと考えていた。

が……、買い出しに行こうとしたら、店やってないことが判る……。なもんで、得意のクックパッドで調べてみることに。

したら、人気のやつが簡単に作れそうだったので、実際にやってみましたから、レビューしますね。

ちなみにですが、当日、業務スーパーに行くことになったので、結局、その「ピラフ」と「ジャンバラヤ」(いずれも140円程度)を買ってきたのだった。それらはそのうち試してみよう。

 

では、早速作り方と共に紹介しますね。

取り敢えず出来上がりから。

 

簡単!キャロットピラフ♪人参炊き込みご飯JPEG

はいっ、ちょっとボケた感じになっちゃいましたが、こんな感じです。こんなこと言うと身も蓋も無いですが、事実なんで言いますと、まあ、盛り付けた感じを見ただけじゃ、味は判らないんですけどね……。しかも、余程焦がしたとかじゃなければ、いくらでも美味しそうに見せることは出来ますし。ラーメンとかその典型で。なので、ほぼ参考にならない……。

 

仕上がりは、今から紹介しますけど、本当に入れる材料って少ないんですよ。種類も分量も。なので、クックパッドでは人気のレシピみたいでしたけど、かなりアッサリ系で、インパクトは低めなんだろうなぁ、と思っていたわけです。

で、食べてみたら案の定その通り。だけど、人気の理由が理解できた気がします。ある意味想定通りなんですけど、アッサリしてるから飽きずにバクバクといくらでも(?)量食べれる感じなんです。

物足りなければ単に味塩でも振ればいいだけですし。

本当にアッサリ……と美味しい。多分そう遠くないうちにまた作ると思います。家族や客人からの反応も◯。まあ、糞不味いねとは、なかなか言わないもんですが……。

なんせね、楽なんですよ。ここ相当に重要。使うものは、家に大抵あるものですし。ここも重要。だから、作ろうと思った時にいつでも、そして、少ない手間で出来てしまう。

そして、アッサリ系なので、ラーメンで言うところのアッサリ醤油的な感じなんです。頻繁に食べれる。いくらでもスープも飲めてしまう系的な。

あ、あと、今回は、炊飯器じゃなくこちらで炊きました。

炊いたメシがパなかったシリーズ:イオンで買った「イシガキ産業 いろり鍋」で飯炊いたら予想を遥かに超えていた

なので、一層仕上がりが良かったのだと思われます。なので、手間というところでは、通常の炊飯器でやるよりは若干かかってはいますが、それでも大したことはなかったので、通常のでやれば、一層大したことはないでしょう。

 

では、感想はこのぐらいにして、作り方を。

作り方

まず材料から。

材料

笑っちゃうぐらい少ないです。

・米

・人参

・酒

・コンソメ

・オリーブオイル

だけです。あと水は使いますけど……。

下ごしらえ

・米(3合)→研ぐ

・人参(1本)→すりおろす

ちなみにですが、余談ですけど、いつも上述の鍋でメシを炊くときは、2合なんですよ。なもんで、習慣ではじめ2合研いで、ほぼ全部準備完了して、火にかける前に浸しておく段の直前ぐらいで、「あっ、」とか気付いて慌てて米と水を足した経緯があります笑 その段階で気付けたのでラッキーでしたよwww

手順

はいっ、では、作っていきましょう。

1 まずは、炊飯器に一通り入れていくんですが、

・すりおろした人参(1本):半分

・酒:大さじ1

・コンソメ(顆粒):小さじ1

・水:炊飯器の目盛分

・米:3合

を入れちゃってください。自分は、このとき入れてからか少しかき混ぜました。

2 スイッチ「オン」

3 炊きあがったら、「残り半分のすりおろした人参」を入れ、更に「オリーブオイルを少し」かけ、全体に混ぜたら完成です。ホント、これだけwww

実際に作ってみて

コンソメ小さじ一だけですからね、味付け的なところで言えば。でも結構ふんわりといい感じに仕上がります。

あと、作ってみて思ったんですけど、オリーブオイルの代わりに、好みでバターとかマーガリンでも、合いそうです。そのうちやってみたいと思います。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。