車保険、同性カップルも夫婦割引 損保各社が検討

  

という見出しで、日経新聞に記事が出ていました。

記事によると、

損害保険各社が同性のパートナーでも自動車保険の割引を受けられるようにする検討に入った。異性の夫婦間で適用される割引制度について、同性でも結婚にあたる関係だとわかれば保険料を1割弱安くする。自治体が発行する証明書の提出などが条件。2017年の制度改定を目指す。

という表現に。

これだけみると、「割引」か。という感じだが、これはおそらく「運転者限定」のことだろう。

自動車保険では、一般的に当該保険をかけている車の運転をする人で、補償対象とするドライバーの範囲を選択できる。

例えば、

・35歳以上限定とか

・35歳以上で尚且つ家族だけ、とか

・21歳以上、本人・配偶者限定、とか

である。

本記事は、多分これのことを言っているのでしょう。だから、細かいことを言えば、割引という表現はちょっと違うのですが……、そこはある程度意味は判るので置いとくとしても、それが、昨今よく話題に上る、「同性のパートナー」の場合でも、自治体が発行する証明書の提出なんかを要件に設定して、「本人・配偶者限定」の対象に含めると。

 

うーーーん、顧客利便性的なところでは、あっるならあったほうがいいだろうけど、割合的には、かなり少ないと思われるので、話題性があったので記事になったんだろうけど、実際問題として、業務に影響はまずなさそう。

というか、どうなんだろう。証明書なりを出すことになる。あるいは、少なくとも「同性のパートナー」なんですけど……的なことを担当者へ申告するようになるわけで(ネットじゃなければ)、言うの抵抗無いんだろうか。

もちろん、色々だろうけど、傾向的に抵抗が強けいれば、ほぼ使われない選択肢となる可能性も……。ネットでも可能なら、これをやりたいけど、言いたくない人は、ネットに行くだろうから、少なくとも自分には、しかも福島とかでは余計に関係なさそうだ……。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。